NSW州沿岸、2日間でサメ目撃60頭

ジャービス・ベイでは一度に30頭の群

 12月30日付報道によると、NSW州の人気の高い海水浴場周辺海域などで2日間に合計60頭を超えるサメが目撃された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 南部海岸のジャービス・ベイでは、浅い水域で30頭を超えるクロヘリメジロザメと見られるサメが目撃されたため、遊泳禁止措置が出された。サメは2.5mから3.5m程度。

 また、29日午後にはポート・ケンブラ・ビーチでもサメが目撃された。エリアル・パトロール機が現場に飛び、ビーチ近くでシュモクザメ1頭の他、付近で5頭を現認している。

 レーク・イラワラ河口のウィンダン・ビーチは、サメの群が外洋に移動するまで遊泳禁止になった他、南のワリラでもシュモクザメ5頭が目撃された。

 エリアル・パトロールは、1月末まで毎日、ビーチのサメ情報を発表している。
■ソース
More than 60 sharks sighted in NSW in the past 48 hours

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る