WA、パース北方ブッシュファイア警報

ジンジン・シャイアで警報水準引上げ

 1月1日、WA州パース北方のジンジンでブッシュファイアが発生、ジンジン・シャイアのギルダートン東半分で人身の危険、ムーア・リバーでは地所に危険が迫っているため、ブッシュファイア緊急警報が出されている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 州国立公園野生局では、火災の勢いが増しているため、数時間で住宅にも被害が出る可能性があると発表している。

 消防士は、火炎が西北西に向かっており、まだ鎮火にはほど遠く、予想もつかない状態と発表している。また、同地域住民は、できる限り直ちに安全な場所に避難するよう指示が出ている。

 火災は同日午後に乗用車が焼かれたところから広がっており、現在、ギルダートンの町の東3kmに迫っている。

 ジンジンのウェルド・ストリートのグランビル・シビック・センターが臨時避難センターになっている。

 同日、パースの南、ロッキンガムでもブッシュファイアが住宅地に迫っていたが、その後、鎮火に向かっている。当局はシークレット・ハーバー南西部で野原11ヘクタールを焼いたこの火事は花火か火炎筒が原因と見ている。
■ソース
Emergency bushfire warning issued for Guilderton in Gingin shire as fire escalates

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る