NSW州中西部、ボガン、ラクラン、マランビッジーに洪水警報

救援局、20件の洪水救出活動、700件の救援要請

 週末の大雨のため、気象庁(BoM)は、NSW州中西部の洪水警報を延長、ボガン、ラクラン、マランビッジー各河川で増水が見られると予報している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 また、州緊急救援局(SES)は週末に700件を超える救援要請電話を受け付け、洪水からの救出も20件にのぼっている。

 SESのトッド・バーンズ広報担当は、「局地的洪水は、各地に降った大雨が少数の河川に集中したもので、低地の道路が浸水している。ドライバーは浸水した道路を避けるよう。また、州西部の各所で道路に水がたまっている。道路前方が水に浸かっている場合には車を引き返し、他のルートを見つけてもらいたい」と呼びかけている。

 洪水が起きると毎回のように浸水した道路を突っ切ろうとして増水した流れに押し流され、遭難する人が跡を絶たない。最近の乗用車は車内の気密性が良いため、床程度の深さで浮力からタイヤが地面に着かない状態になり、道路から流されてしまうことになる。
■ソース
NSW weather: Flood warnings after heavy rainfall in central west

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る