デビーの被害、ロックハンプトンでは洪水警報発令

上流に降った豪雨がようやく河口近くに到着

 QLD州とNSW州北部海岸地域に被害をもたらしたサイクロン・デビーとデビーが勢力を弱めた熱帯低気圧はすでに去り、後片付けを始めたQLD州の多くの地域や、まだ洪水に浸かったままのNSW州リズモアの町など州政府、連邦政府、豪軍が対応に追われている。

 一方、上流集水域に降った豪雨が流れ下ってきているQLD州中部のロックハンプトンでは、フィツロイ川の水位が徐々に上昇しており、4月3日には過去60年で最大の洪水が発生するとの警報が出されている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 そのため、当局はロックハンプトンと周辺の低地地域の住宅を戸別訪問し、道路が通じている間に避難するよう説得して回っている。

 ロックハンプトン地域カウンシルでは、3日にフィツロイ川が洪水水位になれば住宅3,000戸を含めて5,400戸の地所が水に浸かり、さらに4月5日には1954年以来の最高水位、9.4mに達すると発表している。

 ロックハンプトン警察のロン・バン・サーネ警視は、「早めに避難し、道路をふさがないようにしてもらいたい。また、避難した家屋は略奪者に荒らされることがないよう警察が警戒を続ける。州各地から応援の警察官、水上警察、騎馬警官が派遣されてきている」と発表している。

 また、ロックハンプトン・ショーグラウンドにはアメニティを備えた避難センターが設置されている。しかし、バン・サーネン警視は、「家族、友人の家に避難できる人はそうしてもらいたい。避難センターは他に行き場がない人達に残しておいてもらいたい」と呼びかけている。

 市内や周辺地域では大規模な臨時の堤防も造られ、また土嚢積みも進んでいる。
■ソース
Cyclone Debbie: Rockhampton residents prepare for record-breaking flood

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る