シドニー中心に沿岸部で荒れ模様続く

20日から21日にかけて徐々に北上

 気象庁(BoM)は、4月20日いっぱい、シドニー、イラワラ、ハンター地域で強風と大雨が続くと予報している。21日には雨雲はハンター地域から中北部海岸地域に移動する見込み。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 20日午前4時30分のBoMの予報によると、同日遅くにはNSW州沿岸地域中部で強い南東の風が吹き荒れ、21日にはハンター地域から中北部海岸地域南部に移動する見込み。BoMによると、イラワラ地域からハンター地域にかけて予想され、家屋立木などに被害をもたらす強い風は平均時速55kmから65km程度で、時折100km/hの突風が吹く見込み。また、20日遅くには局地的な豪雨が予想され、沿岸の波浪も危険な状況になる。

 突風警報が出ているのはベイトマンズ、エデンからハンターにかけての沿岸地域。州緊急救援局(SES)も、「車を屋根の下に移すか、立木から離し、電線には触れないこと。また、家のまわり、庭、バルコニーなどの固定されていない家具などは固定し、できる限りしまっておくことを住民に呼びかけている。洪水その他緊急救援は132 500で地元SESに連絡すること。
■ソース
Wild weather ahead for Sydney, Hunter and Illawarra regions of NSW: BoM

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る