ショーテン労働党党首、交通事故

メルボルンで複数の車に衝突

 保守連合連邦政権は、トニー・アボット氏を首相の座から更迭し、マルコム・タンブル氏を後継者に据えたことで支持率を大幅に回復した。一方、野党労働党は支持率を大幅に減らし、ビル・ショーテン党首もタンブル首相に支持率を大きくあけられてしまった。

 そんな時期に、ショーテン氏は母親の車を運転中に複数の車に衝突するという事故に見舞われてしまった。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 事故は11月15日に起きたと伝えられており、ショーテン氏の事務室でも、ショーテン氏が、メルボルン市内北部のカールトン地区ピグドン・ストリートで亡くなった母親の乗用車を他の車にぶつけたことを認めている。

 3AWラジオ局の「噂のファイル」番組に電話で通報した聴取者は、「事故原因はショーテン氏が車を運転中にコーヒーを膝にこぼしたため」と伝えているが、ショーテン氏の事務室ではこの話の真偽についてはコメントしていない。また、事務室によると、駐車中の複数の車が破損し、ショーテン氏の車も破損したが人身に被害はなかった。

 11月17日にフェアファクス系メディアが掲載したフェアファクス/イプソス世論調査によれば、ショーテン氏の実績に満足とする回答者は18%と同氏が党首に就任して以来最低水準になっており、一方、タンブル氏の実績に満足とする回答は69%にものぼっている。また、保守連合支持率は48%に上昇、一方、労働党支持率は29%に落ちている。

 ショーテン氏の母親、アンさんは2015年4月に79歳で急死している。
■ソース
Opposition Leader Bill Shorten crashes car in Melbourne

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る