マルコム・タンブル保守連合大幅議席失い73議席獲得

2016年連邦選挙、7月2日24時までの開票結果

 タンブル政権が大きく賭けに出て5月に連邦議会二重解散総選挙を選んだ。保守連合は80議席を超えるとの予想もあったが、7月2日の即日開票で苦戦しており、単独組閣も危ぶまれている。7月2日24時現在、70%を超える開票率で保守連合は73議席、労働党66議席が当選しており、保守連合は全体で2013年総選挙比較で3.6%の得票減になっている。単独組閣するためには少なくとも76議席を獲得しなければならない。また、6議席が残っており、今後は不在投票開票結果待ちとなる。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 保守連合議席が労働党議席を上回ることは確定しているが、議席数が76議席に届かない場合には諸派無所属議員と交渉し、支持を取り付けなければならない。現在、下院で当選しているのはニック・ゼノフォン・チームのレベッカ・シャーキー、VIC州無所属のキャシー・マックガワン、QLD州のボブ・カッターの3人。

 ビル・ショーテン労働党党首は、メルボルンのムーニー・バレー競馬場の施設に労働党支持者を集めて、「保守連合の選挙戦術が有権者から否定された。今夜も今後数日も選挙結果が確定しないかもしれないが、一つはっきりしているのは、労働党はよみがえったということだ。自由党が政権を握って3年、すでに国民の負託を失った。タンブルの経済政策が国民から拒否された。今夜、失敗したタンブル氏はもはや安定した政権を唱えることはできない」と語った。
■ソース
Election 2016: Swing against Malcolm Turnbull’s Coalition leaves election on a knife-edge

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る