ワン・ネーション党、WA州でも政党登録党員数達成

一度は衰退した極右政党、選挙法改革で復活

 1996年にQLD州から無所属で連邦下院に立候補、当選したポーリン・ハンソン現連邦上院議員は、それ以降の選挙ですべて落選、一時はQLD州議会で11人を数えたハンソン・ワン・ネーション党も衰退していた。しかし、マルコム・タンブル現保守連合連邦政権が、上院の諸派無所属を解消するために提出した選挙法改革と、既成政党に飽き足りない有権者の投票傾向が逆にハンソン氏とワン・ネーション党議員の復活をもたらした。10月31日には、WA州でもワン・ネーション党登録党員が500人を超えたため、政党登録が可能になったという。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 7月連邦選挙ではWA州の上院議席にワン・ネーション党が一次プレファレンスで55,000票強を獲得、ロッド・カルトン候補が当選した。それ以来ワン・ネーション党の支持率が急増していると言われており、州議会上院の議席獲得確実と言われている。また、同党のプレファンレス票の行方が他の党の議席を決める可能性も高くなっている。

 2001年の州議会選挙ではワン・ネーション党が州全体で10%近い一次・プレファレンス得票率を達成しており、その時は、保守連合候補を抑えてジェフ・ギャロップ元労働党州首相の圧倒的勝利をもたらしたとされている。
■ソース
One Nation gets numbers needed for political party registration in WA

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る