ビショップ外相、スポーツ・イベント観戦に1万ドル

競馬、ラグビー、ポロ競技の経費を国家財政に請求

 ジュリー・ビショップ外相は、「公式大臣職公務」として、ダービー、メルボルン・カップ、ラグビーなど5回のイベント観戦に行き、経費を公務として請求していたことが明らかにされた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 2015年のスプリング・レーシング・カーニバルでは$4,345が公費として請求されている。ダービー・デーとメルボルン・カップ・デーでは、ビショップ外相は航空会社、アルコール企業のゲストとして会場に出かけていた。大蔵省の「議員出張報告書」によれば、ビショップ外相は」2014年から2015年までの期間のイベント出席で$11,006を公務経費として請求している。

 また、ABCの報道によると、2016年のポートシー・ポロ観戦では$2,716を請求しており、2015年の同観戦でも、ヘッジ・ファンド企業の招きで加わっている。

 ビショップ氏の事務室はイベントに関してどんな疑問にも答えなかった。
■ソース
Political expenses: Julie Bishop charged $11,006 for racing, rugby and polo events

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る