オリンピックとシドニー・フットボールの両スタジアム解体

NSW州の財政で23億ドルをかけて新築

 11月23日、NSW州政府内閣は、オリンピック・スタジアムとシドニー・フットボール・スタジアム双方の解体と23億ドルをかけた新スタジアム建築の計画を認可した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ムア・パークのシドニー・フットボール・スタジアムの解体と新築工事は2018年から開始される予定で、さらに、ホームブッシュ・オリンピック・スタジアムの工事は2019年から始められる。

 23日、政府高官筋は、「今朝の閣議は何人かの大臣が決定まで時間がかかりすぎることに不満を漏らし、かなり沸騰した議論になった」と語っており、また、マイク・ベアード前首相が発表した当時の予算は16億ドルだったが、それが23億ドルに膨れあがったことに懸念を漏らす閣僚もいた。

 このスタジアム改築計画にはパラマッタ・スタジアムの改築も含まれている。

 また、改築後のシドニー・フットボール・スタジアムの収容人員は45,000人、オリンピック・スタジアムは75,000人から8万人となっている。

 また、改築後のオリンピック・スタジアムは、7億ドルの経費で長方形の会場に変更され、シドニー・フットボール・スタジアムの改築より先に完成の予定で、スタジアムの改築計画はNRL、シドニー・クリケット・グラウンド・トラスト、オーストラリアン・ラグビー・ユニオン、シドニーFCなどのサポートを受けている。

 スチュアート・エアーズ・スポーツ大臣は、このスタジアムの新築に乗り気だが、大臣の中には、「20年にもならない時期に最新建築としてつくられたスタジアムがどうしてそのように短期に改築が必要になったのかと疑惑を持つ者もいる。

 野党労働党のルーク・フォリー党首はオリンピック・スタジアムの改築は支持しているが、ムア・パークのスタジアムの改築は無駄づかいだとしており、「シドニー首都圏は東より先に西を考えろと言っている。人が大勢住んでいるのは首都圏西部だ」と語っている。(Ratei)
■ソース
Olympic Stadium and the Sydney Football Stadium will be demolished and rebuilt

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る