「ジョイス氏は副首相辞任を」と国民党議員が発言

WA州では著名女性から「セクハラ」の苦情も

 2月22日、国民党WA州支部は州内の女性からバーナビー・ジョイス連邦副首相兼連邦国民党党首に対する「セクシャル・ハラスメント」の苦情が出ていることについて会議を開いたと伝えられている。女性は議会とは無関係だが州ではかなり重要な活動をしている著名人とのみ伝えられている。ジョイス議員事務所は訴えは事実無根と否定しており、「そのような訴えは警察に持ち込み、警察が捜査すべきこと」と反論している。また、WA州警察ではまだそのような訴えを受けていないと発表している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 また、同日にはVIC州北西部マレー選挙区選出のアンドリュー・ボルト下院議員がジョイス氏の党首兼副首相を辞任し、バックベンチに座るよう求める発言をした。先週にはQLD州選出のイアン・マクドナルド自由国民党(LNP)上院議員も辞任を求めている。

 ブロード議員は、マルコム・タンブル連邦首相が渡米している間、首相代理を務めるのは副首相のジョイス氏のはずなのにその任務を果たすことができない、とりもなおさず副首相失格ではないか。しばらく辞任し、ほとぼりをさませばどうか」と語っている。

 一方、大臣を務めているナイジェル・スカリオン国民党議員は、「ジョイス氏は、どんな圧力にも生き延びるだろう。26日に開かれる国民党議員会議の後もジョイス氏は副首相の座にいるだろう。彼は魔女狩りの犠牲者だ。党首の職務を全うするにしてはジョイス氏には雑音が多すぎるというブロード発言は間違いだ」と語っている。

 一方、国民党党首交代劇が起きれば、マイケル・マコーマック退役軍人問題相がジョイス氏の後継者としてもっとも有力と目されている。
■ソース
Barnaby Joyce should resign, Nationals backbencher Andrew Broad says

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る