シドニー・ハーバー・ブリッジ違法侵入罰金増額

4月のアーチ男で車線通行止めで説得6時間

 シドニー・ハーバー・ブリッジのアーチへの違法侵入には罰金が$22,000に増額される。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 2018年4月、朝のラッシュ・アワーにウエイン・ジョン・クック(43)が許可なくシドニー・ハーバー・ブリッジのアーチをよじ登ったため、警察が車線の通行を停め、5時間にわたって説得を続けた。その事件で長時間にわたってシドニーの交通が混乱し、損害は何百万ドルにも相当すると伝えられた。

 8月6日、NSW州政府は、「違法なブリッジ・アーチ侵入に対する罰金を増額する」と発表した。

 4月の事件当時、メリンダ・ペイビー道路相が、「ブリッジ防犯警備の見直しを行う」と発表しており、その見直しが完了した。

 違法なブリッジ・アーチ侵入に対する罰金は現行の$3,300から$22,000に増額される。新罰金は、シドニー・オペラ・ハウスの立ち入り禁止区画にあたる屋根への侵入と同額。

 ペイビー道路相は、「ハーバー・ブリッジはシドニー市にとって重要な役割を果たしており、人々がこの橋を人質に取ることは望ましくない。社会は精神障害問題には同情するが、このような事件が繰り返されることは許しておけないというメッセージをはっきり打ち出さなければならない」と語っている。

 報告書は、歩道や自転車道のフェンスは適切だが、鉄道線路周辺の防犯警備を充実させる必要がある。線路両側のフェンスを高くし、アーチ登攀を防ぐ網を延長する必要がある。また、防犯カメラも増やすとしている。

 ただし、どんなにしても100%事件を防ぐことは不可能であることは論を待たない。改善は今後3か月以内に行われるが、工事のために列車運行に支障が出る場合もある。また、警備員を増やすことはしない、と発表している。
■ソース
Sydney Harbour Bridge climbing fine increases to $22,000 after April stand-off

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る