念願のメルボルン空港鉄道リンク、連邦の認可下りる

既存のサンシャイン駅をハブに都心と20分で結ぶ

 メルボルン都心部と北西のメルボルン国際空港(タラマリン空港)とを結ぶ鉄道新線に連邦政府の認可が下りた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 空港新線は官民コンソーシアムで総工費150億ドルの予算で2022年から建設が始められ、完成すれば都心から空港までを20分で結ぶことになる。

 都心部からサンシャイン駅まではトンネル2本を並行して建設し、将来のサンシャイン駅は都心のサザン・クロス駅のような一大ハブになる予定で、空港部分は地下化され、駅も地下駅になる。

 完成はメルボルン・メトロ完成後の2027年の予定で、州議会野党自由党のマシュー・ガイ党首も「この計画は与野党一致の支持を受けている」と語った。

 コンソーシアム「AirRail Melbourne」はメルボルン空港やメトロ・トレーンズも参加しており、6年から7年の予定で完成することになる。

 ジャシンタ・アラン公共交通担当大臣は、「州政府は連邦政府と協議を重ね、新線の最適経路を検討してきた。この計画線はVIC州民にとってはもっとも接続の多い経路になる。アンドリュー労働党州政府はこれまでサンシャイン経由を第一に推進してきており、スコット・モリソン連邦政府が州政府案を支持したことを歓迎している」と語った。

 連邦政府の認可により、建設工費はコンソーシアム、VIC州、連邦がそれぞれ50億ドルずつを負担する。このプロジェクトでは、サザン・クロス駅から「スーパー・ハブ」サンシャイン駅を経由して空港までの27kmに線路を敷設する。

 ガイ自由党党首は、「今回選挙でどちらが勝利しようと空港鉄道線建設は変わらずに進められる」と語っている。
■ソース
Melbourne Airport rail link to go via Sunshine after getting approval from Canberra

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る