SA、アボットの講演に抗議のグループ

アデレード大学で警官隊と衝突

 8月21日夜、SA州アデレード大学で開かれたトニー・アボット連邦首相の講演に抗議グループが会場前に押し寄せ、警備の警官隊と小競り合いを起こした。この小競り合いで数人が負傷した。

 アボット首相は大学で開かれた恒例の「サー・ジョン・ダウナー・オレーション」の演説を行っていたもので、アボット保守連合の大学授業料自由化、学費ローンの学生負担拡大、難民希望者政策、同性結婚問題などで保守連合の政策に反対する抗議グループが会場前に詰めかけた。

 サー・ジョン・ダウナーは過去のSA州首相で、アレグザンダー・ダウナー元外相の祖父。ダウナー家はアデレードのエリート階級の一家で同州の支配階層サークルに位置を占めている。アレグザンダー・ダウナー氏も自由党党首を務めたことがあるが、浅薄な失言放言で党首から外されるなど、この支配階層サークルの一員でなければ連邦政治家を務められなかっただろうとも言われていた。

 抗議グループは比較的穏やかに抗議行動を行っていたが、講義室周辺に備えられたフェンスを倒した者が現れ、グループの前進を阻むために騎馬警官隊が動員された。抗議グループは警官隊が馬を使って暴力行為を行ったと主張しており、抗議グループの女性一人が負傷のために救急車で運ばれた。

 その後、グループと警官隊のにらみ合いが続いたが、逮捕者も出ず、抗議グループは解散した。(NP)

http://www.abc.net.au/news/2014-08-21/protesters-breach-police-lines-at-abbott-oration/5687980

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る