「次期選挙までに保守連合内で政変」

公認賭博の配当率がじわじわと変化

 この記事は国内報道の要約であり、日豪プレスの方針、意見と解釈されるものではない。

 選挙結果については世論調査や政治情報筋の分析より的確と言われるのが公認賭博の「政治投票」配当率。その政治投票で、「連邦与党保守連合は次期選挙までに自由党党首、従って首相の座をめぐってトニー・アボット氏に主導権交代を迫る動きが出る」の配当率が次第に下がってきているとの報道がシドニー・モーニング・ヘラルド紙に掲載されている。

 1月29日には保守系コメンテータ、アンドリュー・ボルト氏が記者会見し、「アボット氏のフィリップ王配ナイト称号授与は愚かな決定」と批判した。28日にはボルト氏の雇用主であるニューズ・コープのルパート・マードック氏が自分のソーシャル・メディアで、「アボット首相はピータ・クレドリン主任補佐官を罷免しろ」と投稿している。2013年9月の選挙時から最近までニューズ・コープはアボット氏を支持してきたが、次第にアボット氏を見放し、新しいリーダーを立てる方向に変わってきた。ただし、マードック氏はアメリカ人のメディア王、ボルト氏はニューズ・コープに雇われているコメンテータに過ぎない。

 オンライン・賭博のスポーツベットの配当率によると、「アボット氏のリーダーシップに挑戦者が現れる」は2014年12月2日には$4だったが、1月29日には$1.65まで下がってきている。また、「2016年の次期選挙までアボット氏に対する挑戦はない」は$1.20だったが、現在は$2.15に上がっている。スポーツベットの賭博客の間ではジュリー・ビショップ外相とマルコム・タンブル通信相が最大人気になっている。スポーツベットのウィル・バーン氏によると、「フィリップ王配ナイト称号授与が決定的だった。それ以降、ビショップが後継者に賭け金が集まっている。アボット・リーダーシップ問題では98%の賭け金が「アボット氏更迭」に集まっており、ビショップ後継者は、12月の$2.20から現在の$2.10に下がっている。また、タンブル後継者は$3.50から$3に下がっており、ジュリー・ビショップ外相が一番人気、マルコム・タンブル通信相が二番人気という結果になっている。また、2016年選挙で保守連合勝利は2013年9月選挙時には$1.17だったが現在は$1.70に上がっており、一方、労働党勝利は同じく$4.50から$2.05に下がっており、バーン氏は、「これは信じられないほどの接戦だ」と分析している。
■ソース
Bookies say Tony Abbott more likely than not to face leadership challenge

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る