キンセイチョウ、絶滅宣言が発表される

NSW州に棲息していた鳥の目撃絶え

 NSW州にのみ棲息していたスズメ目の小鳥、black-throated finch(和名:キンセイチョウ)が絶滅を宣言された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 QLD州にはこの鳥に近い別種が棲息しており、そちらはまだ絶滅のおそれは小さい。

 キンセイチョウは、体重が約15gと非常に小さい鳥で、大きな頭、短く厚く黒い円錐形のくちばしを特徴としていた。また、胸と尾部が黒く、尾の上面が白い模様を特徴としている。

 ハンター野鳥観測クラブのアラン・リチャードソン会長は、「キンセイチョウのような鳥の生態は草地を必要としており、鉱業や農業の開発で棲息地がどんどん狭められてきた」と語っている。

 NSW州科学委員会は、「かつてはQLD州との州境からアッパー・ハンター・バレー地域まで、北部高原地域、北西スロープ地域を中心にかなり大量に棲息していたが、1990年以降の目撃報告はわずか3回に限られていた。

 リチャードソン会長は、「絶滅宣言は大ショックだ。わが国の絶滅危惧種生物はどんどん数が減っている。絶滅危惧種に登録された生物で数を維持している種は少ない。今後もこのような事態が続くものと思う」と語っている。

 委員会も、「絶滅危惧種は、棲息地がなくなっていったり、土地が荒廃していくことが大きな脅威になっている。また、ブッシュファイアの繰り返し、雑草や移入種植物の繁茂なども脅威になっている」と語っている。

 科学委員会では、「キンセイチョウは、しばらく目撃報告が途絶えており、何度か発見のための調査も行われたが、見つからなかったため、今回の絶滅宣言になった」と発表している。
■ソース
Extinct status as black-throated finch no longer takes flight in NSW

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る