今年の7月は気象観測史上もっとも暖かい7月

WA州北部からNSW州にかけての大陸北部

 気象庁(BoM)は、2017年7月は、オーストラリア気象観測史上もっとも暖かい7月になったと発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 BoMのデビッド・クロック予報官は、「この7月の全国平均気温は、7月としては100年を超える気象観測記録史上もっとも高温になった。中でも気温の高かったのはWA州北部から、NT、QLD州、NSW州にかけての大陸北部だった。この7月は特に大陸東部では高気圧の峰が停滞し、何日、何週間も続けて晴れの日が続き、暖かい空気の塊が居座り続けた。内陸部は海洋の冷却作用が届かないため高温になりやすいが、この7月は特に大陸北部で異常高温が続いた。この7月のQLD州全域で最高気温、最低気温ともに記録的な暖かさだった。また、州の一部は異常乾燥状態が続いた」と発表している。

 さらに、「大陸上の高気圧のため、寒冷前線がVIC州からNSW州に移動できず、そのために高温が続く結果になった」と語っている。

 また、BoMの気象学者、グレッグ・ブラウニング氏は、「この暖かさは、地球温暖化によって地表全体が暖かくなってきているしるしでもある。その気温上昇が毎月の気温記録でも恒常的に見られる」と語っている。

 北部準州では、最高気温が例年平均を3度上回り、ダーウィンでは夜間気温が摂氏20度を下ったのは6夜しかなかった。7月の例年平均は摂氏18.5度だからかなり暖かい7月になったことは明らかだ。

 NSW州は、6月7月の雨量が1910年の観測記録史上最低10%に入っている。

 先週発行されたNature Climate Changeに掲載された研究論文によると、地球温暖化がパリの気候サミットで合意された目標の1.5度以内に収まった場合でも高温乾燥気候の日が増える見込みになっている。
■ソース
Australia records hottest July, Bureau of Meteorology says

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る