132年漂流「瓶に入った手紙」世界最古記録

ドイツ海軍船から海流調査のために投げ込まれ

 パースの家族がWA州の海岸を歩いていて砂浜に半分埋もれた色つきのガラス瓶を見つけた。拾い上げてから中に濡れた紙が入っているのに気づいた。乾かしてから、それがドイツ語で書かれた文書であることが分かると、パースの博物館に持ち込んで調査を依頼した。文書や瓶を調べた結果、132年前にドイツ海軍船が海流調査のために投げ込んだ瓶の1本であることが判明した。

 投げ込まれてから発見されるまでの歳月では132年という世界最古記録の「瓶に入った手紙」となった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 トニア・イルマンさんは、パースの北180kmのウエッジ・アイランド北の砂浜を歩いている時に半分砂に埋もれた色つきのガラス瓶を見つけた。「いい感じの瓶だったから本棚に飾るのにぴったりと思って拾い上げた。ところが、拾い上げてみると中から濡れた紙がこぼれ落ちた。紙は巻いてひもで縛ってあった。

 「紙にはドイツ語が印刷してあり、かすかにドイツ語の手書き文字も見え、1886年6月12日の日付や、WA州沖950kmの位置やドイツのバーク型帆船「パウラ」号の名などが書かれていた。

 文書の裏には、「このメッセージを拾った人は、時・発見場所を添えて、ハンブルクのドイツ海軍観測所または最寄りのドイツ領事館に届けられたし」のメッセージが印刷されていた。

 イルマンさん一家はWA博物館に持ち込み、海洋考古学のロス・アンダーソン学芸員に調査を依頼した。その結果、瓶は19世紀半ばから末にかけてのオランダのジンの瓶で文書は19世紀の安い紙と判定された。そこでアンダーソン学芸員はオランダとドイツに調査を依頼した。

 その結果、パウラ号の文書記録と瓶のメッセージの内容が船長の筆跡まですべて符合した。

 イルマン夫妻は、瓶とメッセージをWA博物館に2年間貸与し、博物館で展示することになっている。
■ソース
Oldest-known message in a bottle found on WA beach 132 years after being tossed overboard

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る