マウント・パノラマに国際級のモーターサイクル・トラック

NSW州政府、VIC州と競争でグランプリ誘致に尽力

 過去にも何度か取り沙汰された州間の国際レーシング・イベント争奪戦が再び報道されている。

 今回は、国際モーターサイクル・レーシング界の話題で、NSW州政府がバサースト市のマウント・パノラマ・レース場の予算1000万ドル施設拡張計画を発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 マウント・パノラマの既存のレーシング・サーキットに隣接して第二のサーキットを建設する計画はかなり以前から出ており、新しくベロシティ・パークと呼ばれる大規模なサーキット場になる。

 既存のサーキットはV8スーパーカー・レースが有名で、安全性の問題でモーターサイクル・レースは何十年も行われておらず、第二のサーキットはモーターサイクル・レース専用を予定しており、国際コンソーシアムからすでに引き合いが来ている。

 6月6日、NSW州政府のジョン・バリラロ副首相とドミニク・ペロテット財相がバサーストを訪れ、次期予算でこのプロジェクトの1000万ドルを確保すると発表した。

 ベロシティ・パークには州政府がすでに500万ドルを出資しており、バサースト郡議会でも1500万ドル出資を計画している。ペロテット財相は、「追加予算でプロジェクトが実現するだろう。このプロジェクトはレーシング・サーキットを造るというだけではない。サーキットはバサースト市民のための経済成長をもたらしてくれる。州政府は州内各地域の繁栄を希望している」と語った。

 この動きに対して、オーストラリア・グランプリ・コーポレーションは、「VIC州のフィリップ・アイランドのMotoGPやスーパーバイク・イベントはVIC州が2026年まで開催権を握っており、レースがバサーストに移ることはない」と明言している。しかし、バリラロ副首相は、「NSW州はもっと先を考えている。国際的レースを開催できるほどのインフラストラクチャーを着々と用意するつもりだ」と語っている。しかし、VIC州政府のホン・イレン・スポーツ大臣は、「VIC州がスポーツの都になっているのには理由がある」と反論している。
■ソース
Plans for world-class Mount Panorama motorcycle track gather pace with $10m boost

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る