QLD州選出新連邦上院議員決まる

引退LNP議員は駐オランダ大使に

 QLD州のブレット・メーソン自由国民党(LNP)連邦上院議員の政界引退に伴い、ジョアナ・リンドグレン氏が新たにLNP連邦上院議員に指名された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 3月、トニー・アボット連邦内閣新組閣でメーソン上院議員が閣僚から平議員に降格された後、政界引退を発表した。そのため、空席を埋める人選が行われていたが、リンドグレン氏はLNPのQLD州支部幹部会の決議でメーソン上院議員の後継者に選ばれた。メーソン氏は次期駐オランダ豪大使に任命されている。

 5月16日、ブリスベンで開かれた州支部幹部会では、前連邦選挙でケビン・ラッド前連邦首相に対抗して立候補して敗れたビル・グラッソン医師やレッドクリフ選挙区から出馬して敗れたケリ=アン・ドゥーリー、キャンベル・ニューマン前QLD州首相の義兄弟、ニコラス・モンスールら9人が名乗りを挙げていた。来週の州議会で任命が宣言される。リンドグレン氏はネビル・ボナー元議員の親戚で、今回の選挙ではジョージ・ブランディス、バリー・オサリバンに次いでLNP内で3番目に位置していた。
■ソース
Joanna Lindgren to replace Brett Mason as Liberal National Party senator from Queensland

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る