豪人イスラム国メンバー、イラクで死亡

「モスルの町の攻防戦で」と家族の友人

 6月23日、オーストラリアを出国してISIL(イスラム国の他、蔑称ダイシュ)に投じていた豪人2人がモスルの町の攻防戦で死亡したことがオーストラリア国内でも報道された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 連邦政府の外務省は、ハレド・シャルーフとモハメド・エロマーの2人がISILに参加してイラクのモスルで戦闘中に死亡したという情報の確認を急いでいる。2人のうちの1人の家族と親しい人物がABC放送に語ったところによると、「2人はモスルでの戦闘中に死亡した」ことになっているが、他の人物は、「先週、2人は無人飛行機の攻撃で死亡した」としている。

 また、エロマーの遺体は回収されたが、シャルーフの遺体は見つかっていないとの情報だが、オーストラリア政府は、モスルを立ち入り禁止地域と宣言しており、情報機関が地域内の情報を入手することが難しくなっている。

 シャルーフは、2人の息子を連れてISILに投じ、その後、7歳の息子に斬首したシリア政府軍兵士の首を持たせた写真を公表し、西側諸国のイスラム過激派の人気者になっている。シャルーフもエロマーも2013年にシリアに渡り、その後イラクに入っている。また、出国に際してもシャルーフは当局の眼をくらますために兄弟のパスポートを使っている。

 2人の死亡が確認されれば、オーストラリア出身のISIL大物メンバーがいなくなり、ISILもオーストラリアからメンバーを募ることがやや難しくなる。2人には豪連邦警察から逮捕状が出ていたが、2人は中東の戦場で死ぬことを口にしており、オーストラリアに帰る可能性は全くなかった。また、2015年に入って、2人はイラク北部の宗教少数派であるヤジド派の女性を組織的に奴隷化したとの情報が流れている。

 2人の死亡情報について、大学のテロリズム問題研究者は、「ISILにとっては打撃。次の問題はシャルーフの子供たちをオーストラリアに帰還させることだ」と語っているが、「ISILにとっては2人は宣伝材料としては使い古し、利用価値がなくなった。彼らは頭が悪く、子供っぽく、規律も技能も何も持っておらず、ISILにとっては足手まといなだけだったろう。2人が死んで、ISILはほっとしているのではないか」と厳しく評価している。
■ソース
Khaled Sharrouf and Mohamed Elomar killed fighting with Islamic State in Mosul, reports say

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る