【PR】アルバイトの管理コストをゼロに!

PR

kintone Australia

キントーン導入をご検討されている方はウェブページ、フェイスブック・ページなどからお問い合わせください
kintone Australia Suite 3704, Level 37, Gateway, 1 Macquarie Place, Sydney NSW
WEB: www.kintone.com.au Facebook: kintone community in Australia


アルバイトの管理コストをゼロに!

オーストラリアで事業を展開していると、重要となってくるのが、ワーキング・ホリデー・(ワーホリ)ビザや学生ビザでやって来るアルバイト・スタッフによる支えではないでしょうか。しかし、戦力となっているアルバイト・スタッフの管理にお困りのオーナーも多いのでは。そこで、Kintoneを使い彼らの管理コストをゼロにする方法について紹介します(図1参照)。

【図1】Kintoneによるアルバイト・スタッフの管理ビフォー・アフター
【図1】Kintoneによるアルバイト・スタッフの管理ビフォー・アフター

スタッフ情報を管理し、スタッフ不足を予防!

ワーホリ・スタッフは1つの雇用主の下で最長6カ月まで、学生ビザのスタッフが働けるのは2週間で40時間以内と決められています。

条件が決められている各スタッフの残就業可能日数や帰国予定時期、学校の開始時期などに関して、そうした情報を把握できておらず、スタッフからの自己申告に任せていると、たまたま他のスタッフとの退職時期が重なり急な人手不足に陥る……何てことを経験した事業オーナーも少なくないのではないでしょうか。

Kintoneにアルバイト・スタッフ情報を入力しておけば、退職時期などをグラフで「見える化」することが可能。リマインダー機能を使って、例えばスタッフの退職1カ月前に通知を受け取ることもできます。これにより、急な人手不足への対応が可能です(図2参照)。

【図2】アルバイト・スタッフの情報管理画面
【図2】アルバイト・スタッフの情報管理画面

スタッフからの質問攻めから解放!

【図3】Q&Aシステムの画面
【図3】Q&Aシステムの画面

新しいスタッフが入るたびに同じ説明をすることにうんざりしていませんか? 中には「また同じ質問!」と思うこともあるはず。

Kintoneの「Q&Aシステム」を使えばそんなイライラから解放されます。アルバイト・スタッフは手持ちのパソコンやスマートフォンからアクセスするだけで質問の答えを知ることができます。勤務時間中は忙しくて答え損ねてしまった質問も、Q&Aシステムに残しておけばいつでも回答が可能です。また、その回答は全スタッフに共有されます(図3参照)。

◆Kintoneに関してのお問い合わせ
Kintone Australiaでは、Kintoneの販売、導入相談から導入後のサポートやカスタマイズまで、日本語で丁寧にサポートしています。ぜひお問い合わせください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る