【PR】飲食・サービス業を通じてグローバル人材としてのキャリアをサポート Jスタイルズ

PR

飲食・サービス業を通じてグローバル人材としてのキャリアをサポート
Jスタイルズ

ワーキング・ホリデー(以下、ワーホリ)制度を利用しオーストラリアで積んだ貴重な経験、日本帰国後にそれをどのように活用できるのか。在豪中のワーホリ・メーカーでそう考えている人は少なくないだろう。そのような疑問や悩みを持つワーホリ・メーカーへ飲食・サービス業をメインに活躍の場・機会を提供しているのが株式会社Jスタイルズ(以下、Jスタイルズ)だ。同社がワーホリ経験者を対象に展開するプロジェクト、そしてグローバル人材育成のために用意している環境について紹介する。

飲食・サービス業を通じて日本を世界へ

Jスタイルズは、「日本の飲食・サービス業を通じて日本のすばらしさを世界に広めたい!」という経営理念の基、2015年に東京で設立。「飲食店経営」「飲食・サービス業におけるグローバル人財採用支援」「セミナー・イベントの企画・運営」という3つの事業を展開している。それら事業展開の中で飲食、サービス業をキーワードに挙げる理由を同社代表の平渡淳一氏はこう語る。

「和食が世界文化遺産に登録されるなど、日本食は世界一と言える高いレベルにあり、日本が世界に誇るコンテンツです。そのため、飲食やそれに関連したサービス業、また観光業は『令和』という新たな時代における日本の成長産業になると考えています」

飲食・サービス業には新時代の日本の成長をけん引すると期待が掛かる反面、大きな課題がある。それは、訪日外国人観光客に対応するインバウンド、和食を始めとしたコンテンツと共に海外進出(アウトバウンド)を図る企業の人材不足だ。成長産業であるこれらの業界における就労人口増加は想像に難くないが、現状、担うグローバル人材が足りないという現実がある。そうした状況下にあって、経営理念実現に当たり注目したのがワーホリを通し海外での就労経験を積んだ人たちだ。

平渡氏は、これからの時代に特に求められる能力をグローバルな「ホスピタリティー」及び「コミュニケーション」能力と指摘し、ワーホリ経験を積んだ人材について「今後大きく評価が上がることになる」と話す。

2つのメイン・プロジェクト

東京・原宿で展開されているカフェ「ワーキングホリデー・コネクション」の店内
東京・原宿で展開されているカフェ「ワーキングホリデー・コネクション」の店内

ワーホリ経験者の力を重視するJスタイルズは現在、そうした人材を対象に次の2つのプロジェクトを展開している。

1つ目は「日本と世界をつなぐ」飲食店の経営。東京・原宿にあるカフェ「ワーキングホリデー・コネクション」を、ワーホリ制度を使い来日した外国人スタッフとワーホリでの海外就労経験のある日本人スタッフが運営するというプロジェクトだ。

ポップ・カルチャーの街として世界的に有名な原宿では、訪日外国人観光客が年々増えており、このプロジェクトには同店での多国籍なスタッフによる接客で日本及び原宿のファンを増やしていきたいという狙いがある。今後全国の主要都市への出店も検討しているそうだ。

カフェではオーストラリアやカナダなど国別イベントに加え、国際交流などの催しが多数開催されている
カフェではオーストラリアやカナダなど国別イベントに加え、国際交流などの催しが多数開催されている

また、同カフェでは大使館などと連携してオーストラリアやカナダをテーマにした国別イベント、英語で外国人と交流するイベントなどを毎月開催している他、これから海外で働きたい人や海外から帰国した人のキャリア相談、求人紹介も行っている。

もう1つのプロジェクトが、「飲食・サービス業・観光業におけるグローバル人材採用支援」。

日本の飲食・サービス・観光関連企業ではワーホリで海外就労経験を積んだ人材を求めているものの、両者の間には大きなコミュニケーションのギャップがあり、相思相愛になるはずの企業とワーホリ人材のマッチングが実現されていないという大きな課題がある。Jスタイルズはこのプロジェクトを通して、そうしたギャップを埋めることで業界を盛り上げ、今後の日本経済の発展と日本のファンづくりに大きく貢献していくことを目指している。

グローバル人材の育成環境

Jスタイルズはワーホリ経験者にそうした魅力的なプロジェクトを提示しているが、いざワーホリから帰国し日本に身を置くとなった時、海外で培った能力を維持・発展させていけるかどうか気になるところだろう。

それに関して平渡氏は、「『日本と世界をつなぐ』原宿のカフェで多国籍のスタッフと共に働きながら、外国人のお客様の接客や各国イベントなどを通じて自身のグローバル・キャリアを向上させることができます」と語る。また、海外の顧客に人気のある同社経営の居酒屋では、そうした人たちのための接客、マーケティング・スキルを高められる環境が用意されている。更に、Jスタイルズでは、接客業における実践的な英語力を身に付けるための実践研修や幹部候補に向けた海外研修制度の導入も予定している。

グローバル人材を志す人へのキャリア相談、求人紹介などはJスタイルズの大きな魅力の1つだ
グローバル人材を志す人へのキャリア相談、求人紹介などはJスタイルズの大きな魅力の1つだ

人材採用支援のプロジェクトに関しては、日本国内のインバウンド需要が高まる地域の飲食・観光・宿泊関連企業だけでなく海外の企業とも提携し採用の受け皿を増やしていくため、キャリア・ビジョンや出身地など個人のニーズに応じた仕事のマッチングが可能ということだ。

そして、同社はグローバル人材を育成・輩出するため、シドニーを筆頭にワーホリ提携国で順次拠点を作っていくという。未来のワーホリ・メーカーや海外で活躍したいと考えている人たちにとってより心強い味方となっていくだろう。

オーストラリアでのワーホリの経験を基にステップアップしていきたいという人、そして将来、海外で活躍したいという人は一度Jスタイルズの門をたたいてみてはどうだろう。

株式会社Jスタイルズ
■住所:東京都渋谷区神宮前4丁目31−10 YMスクウェア原宿 2F
■Web: www.j-styles.co.jp

Jスタイルズ代表 平渡淳一氏より

日本は今、大きな変化の時代を迎えています。

その背景には「急速に進む国内外のグローバル化」「日本の成長産業が製造業からサービス業に転換する時代の到来」「人生100年時代を迎えた働き方の改革」という3つの大きな時代の流れがあります。

新しい「令和」という時代に、これら3点の変化をしっかり捉えた会社経営と働き方が求められていくことは疑う余地がありません。

現在、日本国内では訪日外国人観光客が急速に増えて活気を見せていますが、残念ながらゲストをおもてなしできる人材が圧倒的に不足しているという現実があります。

またビジネス・チャンスを求めて積極的に海外進出する企業も増えてきていますが、海外で活躍できるグローバル人材もまだまだ不足しているのが現状です。

このような状況下で、一体誰がこの急速に変化する日本のグローバル化時代を支えていくのでしょうか。

この問いへの1つの答えがワーキング・ホリデーや留学経験を通じて、海外での生活や就労経験を積んだ人たちだと考えます。

これから本格的にグローバル時代に突入する日本では、自立心を持って日本を飛び出し海外で就労経験を積んだ人の経験や価値が高まっていくと考えています。

このような時代背景の中で我々は世界に誇れる日本の「飲食・観光・サービス業」を通じてさまざまなプロジェクトを創出して日本と世界を元気にして参ります。同時にそれらの産業を通じて即戦力となるグローバル人材の育成に努め、日本のインバウンド、アウトバウンド・マーケットを盛り上げていきます。

「我こそは!」と思うプロジェクト・メンバーを世界中から募りますので、どうぞよろしくお願い致します。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る