kintone社、「組織·個人を強くする! モチベーションへの向き合い方」講演会開催決定

PR

キントーン導入をご検討されている方はウェブページ、フェイスブック・ページなどからお問い合わせください
kintone Australia Suite 3704, Level 37, Gateway, 1 Macquarie Place, Sydney NSW
WEB: www.kintone.com.au Facebook: kintone community in Australia

6月14日、講演会開催決定
「組織·個人を強くする! モチベーションへの向き合い方」

成功している人、結果を出す人はどのようにモチベーションをコントロールしているのか、モチベーション向上·維持のためのメソッドを大公開! 日本サイボウズ社より来豪する執行役員、営業本部長の栗山圭太氏とハリウッド俳優の泉原豊氏が講演会で登壇予定です。大変貴重な機会ですので、皆様ぜひご参加ください!

◆モチベーションの重要性

目標達成に向けて一番の課題となるのが、モチベーションをどのように上げるか、そしてそれをどう長期的に保つかということです。それは企業内においても、個人においても当てはまる課題です。最近の若手社員の転職理由で多いのが、「仕事にやりがいを見いだせずモチベーションが上がらないから」だそうです。優秀な人材を逃さないためにも、企業は「モチベーション向上・維持」について考えなければならないでしょう。

また個人の場合、資格を取りたい、英語が話せるようになりたいと思っていても、やはり難しいから、勉強するのが面倒くさいから、という理由で結局達成出来ていないことはありませんか?長期的にモチベーションが維持出来なければ、目標を達成するのはなかなか難しいことです。

ではどういう状況であればモチベーションは生まれるのでしょうか?

◆モチベーション創造メソッド「サイボウズ式」

サイボウズ社の青野慶久社長は「モチベーション創造メソッド」として3つの条件を取り上げています。「やりたいこと」「やるべきこと」「できること」、この3つの条件が重なる時に、強いモチベーションが生まれると考えています。モチベーションとは「理想を実現するためのやる気」であり、モチベーションを高める方法は、「強いやる気を引き起こす理想を作り出すこと」です。反対に、モチベーションが低い状態とはそのような理想を作り出せていないことの表れであり、モチベーションの構造を理解すれば、コントロールすることが可能だと青野社長は語ります。

◆モチベーション向上·維持のメリット

モチベーションの向上によって組織が活性化すると個人の生産性も高くなり、会社の売り上げも上がっていきます。目標達成のために組織がモチベーションを維持することでプロジェクトの成功にもつながるのです。

1人ひとりがモチベーションのコントロールをうまく出来るようになれば、確実に会社の利益につながります。個人の場合も長期的にモチベーションを維持出来れば、資格取得や語学習得も実現可能です。

そこでkintone Australiaでは、6月14日に「組織・個人を強くする!モチベーションへの向き合い方」講演会を開催します。登壇者は日本サイボウズ社の執行役員・営業本部長の栗山圭太氏。更に特別ゲストとして、ハリウッド俳優の泉原豊氏を迎え、お話を伺います。

ゲストに迎えるハリウッド俳優の泉原氏は、オーストラリア(ゴールドコースト)在住の日本人俳優で、映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(サイトー役)に出演しています。

映画界はチームワークが全てであることから、泉原氏は自身でモチベーションを保ち目標達成をするためのメソッドを確立しています。今回のイベントでは栗山氏、泉原氏の経験を踏まえ、組織と個人のモチベーション向上、また維持の方法を話してもらう予定です。また、講演会翌日の6月15日には泉原氏のワークショップも開催します。

めったにお目に掛かれない2人がそろう、またと無い機会。皆様ぜひ奮ってご参加ください!

「ハリウッド俳優が伝授する! 更なるモチベーション向上ワークショップ」
■日時:6月15日(木)6PM~9PM
■場所:Haymarket HQ
■参加費用:一般$70、学生$50
■Web: yutakaizumihara.com(泉原豊氏ウェブサイト)
■問い合わせ:kintone Australia 遠藤まで

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る