【PR】自社に合わせた営業支援ツールをKintoneで作成しよう

PR

kintone Australia

キントーン導入をご検討されている方はウェブページ、フェイスブック・ページなどからお問い合わせください
kintone Australia Suite 3704, Level 37, Gateway, 1 Macquarie Place, Sydney NSW
WEB: www.kintone.com.au Facebook: kintone community in Australia


自社に合わせた営業支援ツールをKintoneで作成しよう

営業の管理ツールは導入当初、売上アップを目的としていましたが、最近ではナレッジの共有や営業分析のために活用されることも増えてきています。また、クラウド・サービスの発展に伴い、元々自社サーバーで運用するシステムからクラウド・サービスへの乗り替えを考える会社も少なくありません。今回は、日本のグループ・ウェア業界トップのサイボウズ株式会社が開発した、チームをサポートするクラウド・サービスの業務システムを使って、営業支援の活用方法をご紹介したいと思います。

直観的なシステム作成・修正

Kintoneはドラッグ・アンド・ドロップだけで、自社の業務フローに合わせたシステムを構築することが可能です。また、現場のフィードバックでシステムの修正が必要な際にも、マウス操作だけで柔軟に修正ができます。

また、サンプル・アプリを基に過去に自社で利用したエクセル・シートやシステムに合わせて構築すると、プログラミングの経験がない方でも低価格で自社の業務にぴったりな営業支援システムを作ることが可能です。

業務現場でのKintone活用効果

顧客先や出先から自社のシステムにアクセスしたい場合、インターネット環境さえあれば、ノート・パソコン、タブレット、スマート・フォンからのアクセスが可能です。外出する前に関連書類を全て印刷しファイリングするのも一苦労です。出先でスマートにノート・パソコンを開きデータにアクセスできれば仕事も効率的です。

本店と支店との連携や代理店との連携も、同じシステム環境を使えば、リモートからリアル・タイムでデータ共有が可能です。メールやファックスのやり取り、印刷してスキャンする必要もなくなる他、情報を一元化することで関連するファイルを探すことやメールのやり取りを追い掛けることなど、「情報を探す時間」を大幅に削減できます。日々の業務を効率良く行なうための始めの一歩です。

営業支援向けアプリ利用例

Kintoneで営業支援パックという顧客、案件、商談を一元管理できる営業活動に大変便利なアプリ・パックがアプリ・ストアで用意されています。3つのアプリが同時に追加されるだけではなく、アプリ・アクション、ルックアップ、関連レコード一覧のアプリ間の連携機能も搭載されています。では、営業支援パックのそれぞれのアプリの機能と連携方法を具体的に見ていきましょう。

<顧客管理アプリ>

顧客の会社名、連絡先、担当者名などの顧客基本情報以外に、顧客にひも付く案件、商談履歴など顧客にまつわる情報を一元管理することができます。また、キーワード検索や条件絞り込み機能で必要な情報にすぐたどりつき、検索に掛かる時間が大幅に短縮できます。

<案件管理アプリ>

顧客データにひも付いて案件の管理を行います。案件番号、案件担当者、案件内容を細かく記載することができる他、契約書情報や取引の履歴もひも付け可能です。
 よくある案件管理方法として、エクセル・ファイルに顧客データと案件データを一緒にまとめて管理しているのを目にしますが、複数案件を管理する場合には別々のアプリで管理した方が効率的です。

<活動履歴アプリ>

案件にひも付く商談履歴について、各案件・顧客ごとに活動履歴を残すことが可能です。日にち、担当者、相手先担当者、アプローチ方法、商談歴、関連するファイルの添付など、レコードとして記録ができます。
 記録したレコードはリアル・タイムにチーム内で共有することができます。また、モバイルを活用する場合にはカメラと連動することで、訪問先の写真、商品写真やイメージを画像で取り込むことも可能です。
 このような活動履歴は、流動性の高いオーストラリア労働市場においては属人化を防ぎ、従業員の急な退職など、引き継ぎの際にも大いに役立つでしょう。

営業活動の効率向上の便利な機能

<グラフ・レポート機能>

Kintoneでは、クリック1つで、Kintoneに登録されたデータをさまざな切り口でグラフ集計できます。手間の掛かる集計作業を短縮し、迅速な経営判断を可能にします。

<通知機能>

Kintone上で情報が登録されたり更新されたりすると、トップ・ページやメールで通知を受け取ることができます。それにより自分が知るべき情報がすぐに分かり、情報の見落としも減らすことで、スピーディーな対応が可能になります。

<各種申請機能>

申請・承認・依頼・修正の業務をクラウドで効率的に管理できます。社外からでもアクセスできるので、不在時に申請が滞りなく処理できます。また、添付ファイルの中身まで検索できるので、目的の書類へすぐにたどり着けます。顧客訪問先ですぐに上長から承認が必要な場合など、関連資料をメールで送る必要なくその場で承認を求めることも可能です。

<コメント機能>

Kintoneは単純にデータを貯めるだけでなく、貯めたデータに対するコメントを付けることが可能です。そのため、別途メールや電話で確認する手間が省け、データにひも付いた情報共有を一元的にまとめることで、複数人での情報共有を効率化できます。

<3カ国語対応>

ユーザー毎に表示言語を日英中の3カ国語に切り替えることが可能です。そのため、日本人もオーストラリア人も使いやすく、教育コストも掛かりません。文字化けすることもなくストレスなく利用できます。

終わりに

Kintoneを活用することで簡単に自社の用途に沿った営業支援システムを構築可能です。業務効率を上げるためにKintoneを活用してみませんか?Kintoneは30日間無料で試用が可能です。ぜひ一度お試しください。

◆Kintoneに関してのお問い合わせ
Kintone Australia社は、Kintoneの販売、導入相談から導入後のサポートやカスタマイズまで、日本語で丁寧にサポートしています。ぜひお問い合わせください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る