外国人の彼氏と幸せになるためには  第4回

MegroPeronalConsultants3

第4回 西洋人男性とデートした時、お金の支払いはどうすれば良いの? 

一般的に、西洋人は会計を折半する傾向にあると言われています。アジア人女性も、それは理解できるでしょう。ただ、人前でお金の計算をするのは、少々気が引けるのもまた事実です。

では、アジア人女性が西洋人男性とデートした時、お金の支払いはどうすべきなのでしょうか。

西洋社会では公平性、平等の概念が尊重されます。普通、友人と外で会う時はそれぞれが支払い、誰も友人の分全部の会計の支払いでストレスを感じる事はないでしょう。ですがそれがデートとなると話しは違ってきます。男性は女性の面倒を見るのを好むという傾向が一般的にあり、デートの時には、女性は支払いを求められることはないでしょう。会って間もない時は特にそうなるでしょう。大多数の男性は女性に払ってもらう事を考えてもいないでしょう。むしろ、女性から頑なに自分の分を支払うと言われると、男性はプライドを傷つけられます。

ただ先程も述べたように西洋文化では公平性、平等が尊重されます。当初は男性が会計を持つ事はフェアだと考えられますが、ただ、女性が働いていて収入があるのにも関わらず、何も支払わない、お返しもしない、それは不公平です。これでは女性が男性を利用していると見られても仕方がないでしょう。しかし、女性がシングルマザーや学生であるなら、西洋人男性はフェアではないと困惑したり憤ったりしないでしょう。西洋人男性が求める公平性とはそういうものなのです。

だからといって、西洋人男性は女性に対して、同等の金額を負担して欲しいと考えている訳ではありません。男性が女性をディナーに誘った時女性はそのディナーと同額のお返しをする必要はありません。例えばシーフードレストランで男性が$200払ったとしましょう。女性は同額のお返しをする必要はありません。彼らの目には金額より心の方が重要に映っているでしょう。例えば食事をおごってもらったらドリンクでお返しする。それもフェアなやり方です。例えば女性がショーに連れて行ってもらったらアイスクリームをごちそうする。それも又フェアな方法でしょう。または女性がケーキを焼いていつも彼女のために支払ってもらっている事に感謝の意を表す。これは男性にとって十分なお返しでしょう。ですから、これは金額の大きさではなく、女性がどのように感謝の気持ちを表してくれるか、それを彼らは求めているのです

ですから、西洋人男性とデートする時には、あまり神経質に考えず、もし払わなくて良いと言われたら、心から感謝し、素直に受け入れれば良いのです。

今月の候補


eva

エバ・チェン Eva Chen
1988年よりオーストラリア在住。カレッジとファイナンシャル・カンパニーでの勤務を経て、1997年シドニーにてパートナー斡旋の専門会社、「Metro Personal Consultants」を設立。後にメルボルン、ブリスベン、そしてオークランドに事業を拡大、登録者2000名以上とういうオーストラリア及びニュージーランドでも最大のパートナー斡旋会社の一つに成長。過去20年間で1000件以上のカップルをアレンジする。エバは日頃から男女関係における心理学やコミュニケーションなどを研究、出会いや恋愛についてのコラムを様々な言語で執筆している。真剣な出会いを求めている方は、是非エバまでご連絡下さい。一本の電話があなたの人生を変えるかもしれません。 ☎Phone: 0433560668 (Eva Chen)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る