Dr.コパ 3月の開運テーマ「食べて開運!」

今月のテーマ 「食べて開運!」

こんにちは!Dr.コパです。

3月はまだサマー・タイムが続いていますが、暦の上では秋の始まりですね。秋は食べ物もおいしくなりますし、読書や運動など何をするにも良い季節です。今回は、これからやって来る秋にぴったりの開運風水術をご紹介いたします。

秋の開運風水術の一番のポイントは「食べて開運!」です。「食べて開運!」というと、以前のコラムでもお伝えした通り2017年の開運アクションです。今年は「食」に関する風水術が効きやすい年なので、この機会に食器を新調してみるのも良いですね。

また、実りの秋にはさまざまな果物が収穫され、お店に並びます。果物は禅風水では「財産」を表す食べ物です。お金だけでなく、人間関係や仕事のスキルなども全てあなたの大切な財産になります。アップさせたい運気によって食べると良い果物が変わりますので、以下を参考に食後のデザートなどを選んでみてはいかがでしょうか。

ザクロ柄のカレー皿
ザクロ柄のカレー皿

例えば、黄色い柑橘類やスター・フルーツなどは金運、ピンク系のホワイト・ネクタリンや桃は恋愛運、そして真っ赤なリンゴは仕事運をアップさせてくれます。更に、鈴なりに実のついたブドウには“豊穣”のパワーがありますから、財産を蓄えたい人はどんどん召し上がってください。ダイエットよりも優先するべきは「運」ですよ(笑)。

そして4月にはサマー・タイムも終わるので、時計の針を1時間戻さなければなりません。ただ、環境がリセットされ暮らし方が変わるこのタイミングは、新しい時計を購入するのに良い時期です。新しい時計には、新しい人間関係や仕事のチャンスなど、あなたの生活に新しい風を運んできてくれる効果があります。文字盤が丸いものや八角形のものがお薦めです。腕時計だと、ベルトは今年のラッキー・カラーであるゴールドやシルバー色にすると良いですね。

Dr.コパの禅風水で、実り多き秋をお迎えください。グッド・ラック!


<プロフィール>
Dr.コパ/小林祥晃(こばやしさちあき)
プロフィル◎1947年5月5日、東京生まれ。日本の風水・家相の第一人者。日大理工学部建築学科卒業。一級建築士。神職。日本中央競馬会(JRA)馬主。数々のGIホースのオーナーとしても有名。著書は200冊以上、累計売上1,000万部を超えるベストセラー作家。TV、ラジオ、講演会などで禅風水を分かりやすく話している。Web: copa.jp

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る