Dr.コパ 6月の開運テーマ「幸運の種を吸収する」

Dr.コパの禅風水

幸運の種を吸収する

こんにちは、Dr.コパです。寒くなりましたね。

太陽は今、オーストラリアからは一番遠くに位置していて、夜の長さが一番長い時期。こんな時期は「幸運の種を体に吸収する季節」と風水では考えています。寒さでじっとしているのはもったいないですよ! やがて来る春に満開の花を咲かせるために、この6月は幸運の種をどんどん吸収しましょう。

まずは金運や仕事運の種を吸収するために、オレンジやピンク、ゴールド、シルバーのエナメル素材の財布を購入して、なるべく奇麗な紙幣を115ドル入れて使い始めてください。光沢のあるエンブレムが付いている財布だと更に良いですね。「115」の数字は「天下を取るほどお金が集まる」という縁起の良い数字です。

健康運の種は、バスルームにレモンやグレープフルーツなどを置いて、柑橘の香りを味わいながらバスタイムを過ごすことで吸収できます。柑橘系のアロマ・オイルなども良いですね。そしてリネン類はオレンジ、白、グリーンで新しい物を使い始めてください。

人間関係運の種は、ピンク・黄色・オレンジの花柄やアクセントの付いた大きめのプレート&カップで食事を楽しむと良いですね。開運メニューは、トマトを使ったシチューやサラダが幸運を運んできます。

スリッパなどもピンク&オレンジで開運!
スリッパなどもピンク&オレンジで開運!

そしてこの時期は、玄関・リビング・寝室に黄色・ピンク・白・ブルー・オレンジの5色の花を飾ると、あなたの住まいも豊かで華やかな運気を吸収できます。なるべく早く帰宅して、住まいにも幸運の種を吸収させてあげましょう。

6月は中でも20日~23日が幸運の種の吸収率が最高潮。タイミングが合う人は、この4日間に合わせて上記の開運アクションを試みるのも良いですね。

Dr.コパの禅風水で2018年も大開運。グッド・ラック!


Dr.コパ/小林祥晃(こばやしさちあき)
1947年5月5日、東京生まれ。日本の風水・家相の第一人者。日大理工学部建築学科卒業。一級建築士。神職。日本中央競馬会(JRA)馬主。数々のGIホースのオーナーとしても有名。著書は200冊以上、累計売上1,000万部を超えるベストセラー作家。TV、ラジオ、講演会などで禅風水を分かりやすく話している。Web: copa.jp

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る