【恋愛心理学】なぜ、「ビッチ」と「バスタード」はモテるのか? その3

エヴァ・チェンの恋愛心理学 自分にとっての最良のパートナーはどんな人なのか、いったいどうすればそんな人に出会えるのか。相手の心の中を知り、幸せな関係を築いていくためのヒントをご紹介します。

なぜ、「ビッチ」と「バスタード」はモテるのか? その3

何が「ビッチ」や「バスタード」を魅力的にするのでしょうか?それは「強い自信」です。多くの人々は恋愛について自信がありません。自分はあまり可愛くない、裕福ではない、成功していない、つまりあまり魅力的でないと考えてしまいます。

一方で、いつも強い自信を持ち続けられる人々もいます。決して外見が良かったり裕福であったり成功しているわけではありませんが、自分を信じています。恋愛のやりとりでも、追い回さないし決して束縛しません。自分を偽ることもありません。

ジェイソンは高学歴でもなく、高い収入もありませんでした。ある意味、多くの女性に好かれるには十分ではありませんでした。しかし、彼は自信に満ちていたので、たくさんの女性が彼を好きになりました。

ジェイソンの自信は、女性たちの称賛を得て日に日に強くなりました。自信は弱みをなくします。拒絶されることに恐れを感じなくなりました。一度か二度、女性に拒否されたことがありましたが、それでも笑って「誰が気にするの?」と、すぐに気持ちを切り替えられました。

ジェイソンの強い自信はデートでも今までと違った経験をさせました。面白い人々に会うことや恋愛の面白さを楽しむことができました。

ジェイソンのような自信を持つためには、自分の長所を理解する必要があります。たとえ外見が良くなくても、賢くなることはできます。賢くなくても、良い性格を持っていたり、優しかったり、思いやりがあるかもしれません。このような長所が、自分にぴったり合った人との出会いに導いてくれるのです。

私たちは、いつでも誰かに何かをしてあげることはできます。自信は自分自身で築くだけではなく、他の人からの褒め言葉、興味、信頼によっても築かれます。自分の内面や性格が認められた時、自信を持ち始めます。いくつか提案をしましょう。

①デートをたくさんしてください。デートをすればするほど、敬意を示してくれる人に会う可能性が高くなります。

②自分のことを好きになってくれる人を追い払ってはいけません。好きになってくれる人は、自分を強くしてくれます。

人は時々パートナーを探すに当たり、厳しい要求をしたり、すぐに1人の人に熱中することがあります。そのどちらもが、たくさんの人に出会ったり好きになってもらう機会を少なくしてしまいます。

自分を褒めてくれる人を拒み続けるのに、決して褒めない人を追い求める人がいます。冷たくされるのにどうやって自信を築けるのでしょうか。ポジティブに思ってくれる人たちと仲良くしましょう。愛したり恋に落ちる必要はありませんが、好きになってくれるのを止める必要もありません。こうした友人が多くいれば、次の新しいデートの時の自信につながるはずです。


Eva Chen(エヴァ·チェン)
恋愛コラム執筆および恋愛コンサルタント歴20年以上。その豊富な知識と献身的な仕事ぶりが1,000組以上のカップル誕生をもたらす。
Web: www.metropersonal.com.au
Email: eva@metropersonal.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る