【恋愛心理学】逆心理(1)

エヴァ・チェンの恋愛心理学 自分にとっての最良のパートナーはどんな人なのか、いったいどうすればそんな人に出会えるのか。相手の心の中を知り、幸せな関係を築いていくためのヒントをご紹介します。

逆心理(1)

男女関係では、時にお互いの興味レベルが異なることがあります。より興味を持った方の人は、相手の関心を引くために努力をします。それほど興味を持っていない方は穏やかで落ち着いていられるのです。「興味がない方が常に力を握っている」という有名な映画のセリフもあり、これを「逆心理」と言います。

逆心理が起こる主な理由の1つは好奇心です。興味を持つほどに、人はもっと相手を知りたくなります。相手を深く知ることは常にチャレンジであり刺激的な出来事です。男女関係において興味レベルが低い方は、感情をそれほど出さず何を望んでいるのかもあまり話しません。片方にとってはそれがとてもミステリアスに思え、もっと相手について知りたいと望み、追いかけてハートを射止めたくなるのです。

逆心理が起こるもう1つの理由に、既に手にした物に対しては愛情を持ったり感謝することができないという人間の性質があります。簡単に愛情を得られれば、その愛情に感謝することもなくあまり努力をしようとしなくなるのです。

この2点は男女関係に成功をもたらしません。もしあなたが興味を持ってもらえない相手を追い続けたら結果は明らかです。必要以上に時間やお金を使い、感情的になります。結果として相手の興味を得られなかったら、この経験は忘れられないものになります。傷付き、自信も思った以上に失ってしまうことでしょう。

一方でもしあなたが興味を持たれたとしても、逆心理なので感謝せず、結果的に最高のパートナーになるはずだった相手を失うかもしれません。多くの人にとってそのような経験があり、振り返り後悔するのです。

したがって、逆心理はあまり男女関係において健全なものではありません。もしも感情が逆心理によってコントロールされるのであれば、あなたの判断は感情的で、論理的ではなく、考えも浅はかになり結果は期待できません。独身の人たちはこの逆心理をしっかりと頭に入れ、逆心理が相手に対して抱く感情や判断を左右することがあることを認識しましょう。一度逆心理によるダメージを認識したら、冷静に考え判断することができ、間違いや失敗を防ぐことができます。


Eva Chen(エヴァ·チェン)
恋愛コラム執筆および恋愛コンサルタント歴20年以上。その豊富な知識と献身的な仕事ぶりが1,000組以上のカップル誕生をもたらす。
Web: www.metropersonal.com.au
Email: eva@metropersonal.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る