【シドニー虹色通信】南相馬市のサムライ学生

東日本大震災・被災地を想う シドニー虹色通信

プロフィル◎JCSシドニー・レインボー・ステイ・プロジェクト
2011年3月11日東日本大震災発生の年、被災児童を支援する目的でシドニーで発足した保養プロジェクト。毎年夏休み期間中に、10人の小中高校生を東北からシドニーにホーム・ステイ招待している。また毎年3月11日前後には、震災復興支援とファンド・レージングの目的で「3.11震災復興支援イベント」を開催している。シドニー日本クラブ(JCS)傘下団体。
www.jcsrainbow.com

文:Yukiko Salisbury(プロジェクト代表)

第10回 南相馬市のサムライ学生

2011年からスタートをした「レインボー・プロジェクト」(東日本大震災により被災した東北の学生達を保養の目的でシドニーにホームステイ招待するプロジェクト)は、今年の8月で6回目を迎えます。

これまで、福島県をはじめ東北地方から、さまざまな境遇の学生達がシドニーに滞在し、かけがえのない文化交流を体験して日本に戻りました。今までは、一般公募や学校内での告知を通して、罹災証明書選定や作文選考などを行っていましたが、今年は縁あって、福島県の南相馬市からある活動に携わる高校生グループを招待することになりました。

南相馬市は、福島県の沿岸部の浜通り北部で、原発から20キロ圏内に位置する地区があり、いまだ自宅に戻れず避難をしている人がたくさんいらっしゃいます。

その南相馬地区には、「相馬野馬追い」を代表とする「武士、馬文化」という、国の重要無形文化財にも指定される素晴らしい伝統があります。震災以降、南相馬市の高校生たちが、その故郷の大切な伝統文化を守り、地元南相馬を活性化するために、「サムライ・フェス」という行事を立ち上げました。この活動は、故郷を離れて生活する人にとって、彼らと故郷をつなぎ、またアイデンティティーを確立する役割を担っているのでしょう。

戦国さながらの甲冑を身にまとった南相馬市の高校生たち
戦国さながらの甲冑を身にまとった南相馬市の高校生たち

サムライ・フェス第1回目は15年11月、南相馬市原町区、相馬野馬追いの聖地、「雲雀が原祭場地」にて開催されました。これは、戦国さながらの甲冑を身にまとい、合戦ルールに従ってサムライ・パフォーマンスを繰り広げるお祭りです。事前の甲冑製作ワークショップで一般参加者が甲冑を制作したり、当日は甲冑レンタルを着て合戦に参加することもできます。他には地元伝統芸能である和太鼓や民謡踊りも披露されます。会場にはサムライ村と呼ばれる仮設テントが立ち並び、本物の甲冑展示や合戦弁当の販売、戦国時代のコスプレなどの催しもありフェスティバルを盛り上げます。

さて8月1日~11日の間、このサムライ・フェス運営に携わる高校生達がシドニーに滞在し、南相馬サムライ・フェスさながらのイベントを繰り広げます。この高校生達は、これまで5年間福島で受けた海外からの支援への御礼に、シドニーでパフォーマンスを披露したい、と頑張って準備をしています。ぜひ彼らの雄姿を見に来てください。

■甲冑製作ワークショップ
8月3日(水)5PM~9PM、ドガティー・センター(7 Victor St., Chatswood)

■サムライ合戦
8月6日(土)10AM~12PM (Corso Manly)
8月9日(火)12PM~2PM(Martin Place CBD予定)
詳細と申し込み: www.jcsrainbow.com/samurai2016

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る