春先は不審な動きにご用心

編集者モナカの勝手気ままなひとりよがり日記

編集者モナカの
勝手気ままなひとりよがり日記
オーストラリアで思うこと
異国にいるから見えることがある。異国にいるから分かることもある。オーストラリアで生活しながら日々抱く喜怒哀楽や驚き。そこから生じる感想や私見を、独自の切り口でとことんひとりよがりに綴るつれづれ日記。
pencil最新記事
春先は不審な動きにご用心
テクノロジーの恩恵を最大限に受けるには
男女別ストレス対処法
政治をエンターテイメント化
pencil最新コメント
pencil最新トラバック
pencil月間アーカイブ
09/2010(1)
08/2010(1)
07/2010(1)
06/2010(1)
pencilカテゴリー
注意
テクノロジー(1)
男女対比(1)
政治(1)
pencilリンク


春先は不審な動きにご用心 11‐09‐2010
すっかり暖かくなってきた今日このごろ。
ぽかぽか陽気に誘われて、ひと気のない公園をのんびりと散歩中に、惨事に遭った。
“ブーン”
“ブーーーーン”
“ブーーーーーーーーン”
蜂のようなハエのようなえたいの知れない虫が、ものすごい勢いで攻撃してくるのだ。
息を殺してじっとするのがいいのか、それともそんなことをしたら相手に隙を与えて噛み付かれてしまうのか、それとも刺されてしまうのか、皆目見当がつかない。
一瞬動きも息も止めて存在感を消そうと試みたが、10秒ともたない。
ブーンという大音量の羽音で突進してこられると、恐ろしくてつい手で払いのけてしまうのだ。
ボクサーのように中腰になり頭を左右に振りながら、空手の選手のように右手で左手でその攻撃をかわそうと奮闘すること…1分30秒。
そろそろ体力も限界に近づいた。
今、ここから一気に全力疾走したら逃げ切れるだろうか ?
敵の隙を窺いながら、逃げる先を見極めようと視界を広め…と、そこでハッとした。
さっきから必至になりすぎて、虫1匹と自分1人の世界に入り込んでしまったが、そう言えばこの公園、ハイライズに囲まれているのだ。
もしも、窓から公園を臨んで午後のコーヒー・タイムを満喫している居住者がいたとしたら、その人物の目に自分の行動はどう映っているのだろう ?
距離的に考えると、人の姿は見えても虫の姿までは確認できないだろう。
すると、公園の真ん中で中腰になり、頭を右・左に振りながら空手チョップみたいに手のひらを左右に振り下ろしている、気が狂ったみたいな女が1人、窓から見えているわけだ。
そんなの、“不審”過ぎるではないか。
警察に通報でもされたら大変である。
落ち着いてぇ、ここは何とか取り繕わなければ…。
と考えている矢先、またもやブンブン攻撃に襲われる。
反射的に平手打ちをしてしまったが、とっさにその手を、髪をかきあげる動作へと自然に(?)つなげ、その場をうまく乗り切った(つもり)。
とっさのわりにはなかなかうまくいったが、そんなに何度も続けて使える技ではなさそうだ。
1分間に10回も20回も髪をかきあげていたら、それも相当に“変”である。
“ブーーーン”
次の作戦を練る間もなく再攻撃が開始された。
えーーいっ !
思わず右手のバックハンドで払いのけ…
その手が右斜め上方に高く振り上げられる。
次の瞬間、左手をすっとそこにジョインさせ、頭上で両手を絡めると、体全体で上方に伸び上がった。
“そうそう、私、伸びがしたかったんです”
みたいな。

かえって、不自然だったか ?
というか、最高に不自然だったと思う。
結局、最後は全力疾走で逃げることにした。
もっと不自然である…
“春になると変な人が出没する”とかよく言うが、皆さんもこの春、しつこい虫の襲撃などにあって不審な動きをしないよう、くれぐれもご用心を。
カテゴリー:テクノロジー
▲TOP


モナカ

プロフィル
名前:モナカ
性別:女子
自己紹介:
毎日原稿に埋もれて、アンチ・エージングもままならぬ日々を送る、しがない女性編集者。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る