金運がアップする財布選び

「ラスト陰陽師」橋本京明が、毎日を笑顔で過ごせる開運方法を指南!
 

第10回 金運がアップする財布選び

毎日どの国でも人から人の手に渡っているもの、それはお金です。ご存知のようにお札や小銭(コイン)は国によって違いがあります。ではそのお札や小銭を入れる財布はどうでしょう。日本を含む多くの国では紙幣が登場した時に合わせて作られ、それ以前は紐付きの小さな皮袋に硬貨を入れ財布として使われていました。

さて、財布の選び方によって金運がアップすることをご存知でしょうか?実は財布にも寿命があり、丁寧に使っていても3年が限度です。3年を過ぎてしまった財布に運気アップの力は期待できません。購入のタイミングや使い始めるタイミングも大切で、自分の吉方位を知り、そこに位置する店で購入することがベストです。運気の良い人に買ってきてもらうのも良いでしょう。また、自分の運気が良い時や、ボーナスなど大きなお金が入ってくる時の購入がお薦めです。

色について、金運を増やしたい時には黒色。女性の場合はピンクも向いています。貯蓄を増やしたい時にはベージュ、カーキ、茶色。効果的に回りをよくしたい時には、アイボリーやパステル・イエロー、オレンジ。特にオレンジは強いエネルギーを表します。現状を変えたい時は白、パープルが向いています。逆にお薦めできない財布の色は赤色です。出費が増えお金が貯まりにくくなります。形はお札を折らなくていい長財布が良いですね。

使い方にも注意しましょう。お札と小銭では性質が違うので、同じ場所に入れていると良くありません。レシートやメモなどお札以外の紙類を入れるとお金とゴミを同じところに入れることになり、金運が下がってしまうので注意しましょう。大切な家族やペットの写真を財布に入れるのも良くありません。お金は色々な人の手から手に渡って自分のところに回ってきます。悪いものを愛する家族やペットが取り込んでしまわないように出しておきましょう。

財布を購入した時に覚えておくと良いことは新札を1枚、ほかの使用目的のお札とは別の位置に入れておくことです。魔よけの効果もありますし、お金を呼び込む効果もあります。お金は暗いところで増えるという性質がありますので、財布は就寝時など寝室の奥やクローゼットなどに閉まうようにしましょう。この機会に財布の新調を検討されてみてはいかがですか?


☆プロフィル
著者・橋本京明◎神官の家系に生まれ、幼いころから念視・予知、霊感・霊体験をし、小学2年生で四柱推命、紫微斗数、奇門遁甲などの占いを学び始める。その後、数々の寺院で修行。高校卒業後は会社に勤めながら占いの個人鑑定を開始し、2008年に独立。「ラスト陰陽師」としてメディアにも多数出演。現在は東京都にオフィスを構え、個人鑑定を行っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る