お得に節約術(QLD)/スーパーのオリジナル・ブランドを買おう!

オーストラリアでお得に節約術

第7回 スーパーのオリジナル・ブランドを買おう!

ウールワースのオリジナル・ブランド「ホーム・ブランド」。アルミホイルやベーキング・シートも種類が豊富だ
ウールワースのオリジナル・ブランド「ホーム・ブランド」。アルミホイルやベーキング・シートも種類が豊富だ

今からもう20年近くも前のことです。仕事から帰ってきた私は、いつものようにテレビのスイッチを入れました。さまざまな時事問題を扱うチャンネル・ナインの大好きな番組「カレント・アフェア」を見るためです。

画面には、ある工場の生産ラインが映し出されていました。商品はトマト缶だったと記憶しています。缶に機械で次々と詰められていくトマトたち。缶はまだラベルが貼られていない状態です。次の画面では、缶詰にラベルを貼っていく生産ラインが紹介されており、その缶にトマト缶のとある有名ブランドのラベルが次々と貼られていました。そしてその横の機械では、同じ中身の缶詰に、なんと大型スーパー・チェーンであるコールズのオリジナル・ブランドのラベルが貼られていました。要は、全く同じ中身の商品に違うラベルが貼られていたのです。そしてそのラベルが違うだけで値段は、有名ブランド品は1ドル40セント、もう片方は60セントと倍以上も違うのです。

それまで私はスーパーのオリジナル・ブランドを購入することを避けていました。何となく「安かろう悪かろう」のイメージがあったのですね。このテレビ番組はそんな私の考えを一蹴させる衝撃的なものでした。中身は全く一緒で、ただ広告費が掛からないからその分安くなっている。そうであれば、消費者にとってオリジナル・ブランドを買わないのは損としか言いようがないですよね。

以来、私は基本的にオリジナル・ブランドを買っています。牛乳、ツナ缶、野菜缶、砂糖、小麦、食品用ラップフィルム、洗剤など、どの商品もメーカー品と変わらないクオリティーです。値段は半額か商品によってはそれ以上差があるので節約に大きく役立っています。

今までスーパーのオリジナル・ブランドを避けていた方、偏見を捨てて、ぜひ一度試してみてくださいね(商品によっては質の悪いオリジナル・ブランドもありますが、使いかけや開けた後でも、満足が行かない旨を伝えると、大抵の場合は返金に応じてくれます)。


蓮(れん)ミチコ
◎北海道出身。1998年来豪。17年間に及んだシドニーでの生活を離れ2015年にゴールドコーストに転居。お得な情報に目がなく、節約出来たお金で世界中を旅行することが趣味。著作に『オーストラリアでくびになるまで』(ほおずき書籍)など。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る