結果にコミットするウェブ制作業者の選び方

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!

楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

結果にコミットするウェブ制作業者の選び方

まずは、下の画像を見てください。この画像は、僕が先月グーグルから支払いを受けた金額を示すものです。いわゆる「アフィリエイト」というもので、サイトに掲載された広告のクリック回数やインプレッション回数に応じて収入を得ることができるプログラムのことです。「なんだ、たかが500ドル程度かよ」と思う人もいるかもしれませんが、アフィリエイトで月収300ドルを超える人は全体のわずか4パーセントしかいません。つまり現時点で僕は日本のトップ・ブロガーの1人ということになるわけですが、なぜ、こんなことをやっているか?というのが今回のお話です。

ホームページには「優良コンテンツ」が必要!

良いウェブ制作業者を選ぶための最大のポイントは「ホームページを作った後」に成果が出るかどうかです。いくらきれいなホームページを作ろうが、検索されて訪問されなければ存在しないのと同じです。そのためには、グーグルやヤフーなどで検索されやすいサイトを作ることが必要です。検索されるには、検索される価値があるだけの「新鮮かつ適切で十分な量の情報」が含まれていなければいけません、とグーグルは言っています。古い情報や少ない情報、意味のない情報が掲載されているサイトはユーザーに有益ではないからです。

コンテンツSEOの成果をきちんと挙げられる業者を選別することが重要!

米国では90パーセント以上の企業が取り組んでいる「コンテンツSEO」。その必要性を端的に示すために今回公表したのが下記の画像です。アフィリエイトで稼ぐには、相当なアクセスや検索回数が必要となりますが、検索で上位に来るには、グーグルに常に新鮮で適切かつ十分な情報量のあるサイトだと認められないといけません。もう、お分かりですよね?
 あなたが依頼すべき業者は、こうした成果をきちんと公表できる制作業者です。費用や見た目のデザインだけにとらわれるのではなく、きちんと結果にコミットできる業者を選ぶことであなたのビジネスは大きく変わります。


森茂樹
●出版・映画会社の角川書店入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る