なぜ、YouTubeとInstagramは企業プロモーションに有利なのか?

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!

楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

なぜ、YouTubeとInstagramは企業プロモーションに有利なのか?

今や企業PRや商品・サービスのプロモーションに欠かせない「ソーシャル・メディア」。大企業ではソーシャル・メディア専門の部署があるほどマーケティングにおいて重要なポジションを占めるようになりました。今回は、プロモーションに非常に効果的とされているYouTubeとInstagramの優位性について紹介します。

今、企業が注目しているインフルエンサー・マーケティングとは?

インフルエンサー・マーケティングとは、芸能人やスポーツ選手といった影響力の大きい人たち(インフルエンサー)がSNSやブログなどで商品やサービスを紹介し、一般消費者にアプローチしていくマーケティング手法です。

ところが近年は、写真や動画といったリッチ・コンテンツがソーシャル・メディアの主流となり、ユーチューバーやインスタグラマーと呼ばれる一般人が芸能人などに代わり、インフルエンサーとして台頭。企業はこの一般人インフルエンサーに着目しました。なぜならば、一般人のインフルエンサーは、芸能人やセレブとは違ってごく普通の生活を送っているので身近です。しかもフォロワーが多数いるため、多くの人に情報をリーチさせることができるからです。

芸能人になるより稼げるインフルエンサー

インフルエンサーとなるユーチューバーやインスタグラマーの主な収益はこれまでSNSにおける広告収入でしたが、最近は企業タイアップから収入を得ている人も出てきています。

例えば2015年、世界で最も稼いだインフルエンサーは英国のユーチューバーPewDiePieで、年収はなんと1,200万ドル(約12億円)です!日本でもユーチューブやインスタグラムを活用したインフルエンサーに注目が集まっており、企業からタイアップを申し込まれる人も増えています。

なぜYouTubeとInstagramなのか?

これまで、ソーシャル・メディアの中心といえば、FacebookとTwitterでした。確かにこの2つのSNSは、登録ユーザー数も多く、動画コンテンツも投稿できます。にも関わらず、なぜ企業はユーチューバーやインスタグラマーにアプローチをかけるのでしょうか?

その答えは第1に、アクティブ・ユーザー数がTwitter(3億5,000万人)よりもInstagram(5億人)の方が多いためです。また、ユーザー数ではFacebookが16億5,000万人と圧倒的に多いもののユーザーの中心は30~40代の男女です。一方、Instagramの場合は10~30代の女性が中心であり、最も購買に結びつきやすいSNSということが言えるからです。

YouTubeはネットで動画を見たことのある人なら、利用したことのない人はいないと言っていいほど、その利用率はデータを引くまでもありません。ユーザーの年齢層も全ての世代で動画アプリのトップとなっています。

このように、FacebookとTwitterの2強時代は完全に終わりました。もし、これからソーシャル・メディアを利用したプロモーションを考えているのであれば、どれがあなたにとって最適か?もうお分かりですよね。


森茂樹
●出版・映画会社の角川書店入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る