50代でも約半数が「スマホしか使わない」時代に

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!
楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

50代でも約半数が「スマホしか使わない」時代に

2010年より「モバイル・ファースト」をコンセプトにウェブ制作を続けてきた僕ですが、もはや時代は「スマホ・ファースト」です。もし、あなたのウェブサイトがスマホで見づらいサイトであれば、間違いなくビジネス運気は下がると言えます。

さて、そんなスマホ・ファーストの時代において、日本人の必須アプリと言われる「LINE」はこのほど、15~59歳の男女を対象にした調査結果を発表しました。その調査で判明したのは、50歳代でもスマホしか使わないという人が約半数にも上るという事実でした。

◆ネット利用はスマホのみで十分

図1.アクティブなネット利用者の実態

LINEが調査した17年10月のデータによれば、15~59歳で日常的にインターネットを利用する環境は、半年前とほぼ変わらない結果ながら、ネットを利用する際は「スマホのみ」という人が46%と約半数に上りました。

一方、「PCのみ」という人はわずか7%で、PCだけでネットを利用する人は今やほとんどいないということがより顕著となりました(図1)。

◆LINEを使いこなすシニア世代が急増

図2.シニア世代のSNS利用率

更に、ソニー生命保険が昨年11月、50~79歳の男女を対象にスマホやアプリの利用について調査したところ、スマートフォンの利用率は53%と調査開始以来初めて半数を超えました。

そしてSNSの利用率では、フェイスブックがほぼ横ばいであるのに対し、LINEは4年間で25%以上も増え、41.5%と急伸していることが分かります(図2)。

これらの統計から言えるのは、スマートフォンの出現によってネットを利用した生活やビジネスは、ほんの数年前とは比較にならないほど大きく変化したということです。あなたの会社のウェブサイトやウェブ・マーケティング戦略がもし3年前と同じような状況であれば、早急に改善が必要だと言えるでしょう。


森茂樹
●出版・映画会社のKADOKAWA入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る