第113回 川内大綱引

© All rights reserved to RENCLUB
© All rights reserved to RENCLUB

第113回 川内大綱引

ご機嫌いかがですか、れんです。

先日、実家の母が地元福岡県豊前市長から感謝状を頂きました。大雨の被害に遭った福岡県朝倉市に豊前市からのボランティアを通し、店(金物販売)の在庫(スコップ、デッキ・ブラシ、ビニール・シート、土嚢(どのう)袋など)を必要なだけ寄付させて頂いたためです。

母が見ていたテレビ番組で、被災地では食料以外にその手の物が必要だとテロップが流れていたらしく、早速私に相談をしてきたのです。私が市会議員になった友人に連絡を取ると、偶然その週の週末にはボランティアが被災地に赴くとのこと。タイミングも最高に良かったのです。

市報などでの発表は断ったようで、まあ母らしいことではあるのですが、せっかく感謝状を頂いたのに隠しておくこともなかろうと思い、愚息の私がこの場をお借りしてお話しさせて頂きました。昨年の熊本地震など九州は災害続きですが、これ以上何も起こらないよう祈りたいと思います。

さて、鹿児島県薩摩川内(せんだい)市では、毎年秋分の日の前日に祭事「川内大綱引」が開催されます。この市は東で鹿児島市の北西部と隣接し、西は甑(こしき)海峡を挟んで甑島(こしきじま)島列島にまで及び、その面積は県内最大。およそ800年前に湧き出したと言われる歴史の長い川内高城温泉など、泉質の良い温泉が各地にある温泉天国です。薩摩国分寺の所在地だったことから古来中央政権の影響下にありましたが、江戸時代には島津氏の領地となりました。

この祭事が始まったのは慶長年間(1596~1614)とされ、一説に、1600年、徳川と豊臣の天下分け目の東西対決に向けて兵士の士気を上げようと島津義弘が行ったのが始まりと言われています。そのため1999年に400年、2009年に410年記念行事が行われました。2006年には鹿児島県の民俗文化財に指定されています。

綱引きの綱を作ることを「綱練り」と言います。川内大綱引で使う綱の長さは365メートル(重さは7トン)もありますが、なんと祭り当日の朝から市民約1,500人の力で7時間も掛けて編み上げます。制作工程込みで丸々1日が綱引行事なんですね。

川内大綱引は一般的な綱引きとはちょっと違います。3,000人以上の〝ハダカ″と呼ばれる上半身裸の男たちが上方(赤)と下方(白)に分かれ、各々綱の中心から「押し隊」「引き隊」「わさ係」を構成。綱の横には10人の「太鼓隊」が付いて攻撃を指揮します。わさは綱の両端にある太い輪。綱引の途中で形勢不利になった時に敵方に綱が引かれ尽くす寸前にダン木(中央に立てられた杭)に引っ掛けてストップを掛けるのです。以前は「けんか綱」と呼ばれたほどの激しい攻防を繰り返し、時間が来ると綱にノコが入れられ、その時に中央を自陣側に持っている方の勝利となります。

それでは作品を。行書の「川内大綱引」です。どっぷりした線とすっきりした線を織り交ぜました。線の太細に極端に変化を採り入れたものは古典にも例があり、一番に思い浮かぶのは平安時代に嵯峨天皇がお書きになられた李嶠詩残巻です。ここで紹介できないのが残念ですが、興味のある方はインターネットで検索してみてください。「習字」では文字を構成する線にこれほどの変化は許されません。「書」と「習字」を一緒だと思い込んでいる方は非常に多いですが、両者は決して同じではない、ということの1つの証明になるかもしれませんね。


著者プロフィル

れん(書家/アーティスト)
アーティストとして永住権取得。2010年、作品「ふるさと」が日本の国有財産として在豪日本国大使館に収蔵される。Government Houseでの企画展など日・豪・ドバイで作品展示多数。在豪日本国大使館、在オークランド日本国総領事館の招聘によるイベント参加やNSW州立美術館ほか各地で大書パフォーマンスやワークショップを展開。ハリウッド映画『The Wolverine』製作に書家として参加。2016年シドニー総領事表彰を受ける。書団れん倶楽部主宰。チャッツウッドで書道教室運営。RENCLUB Lineスタンプ販売中。
Web: nagominoma.com/renclub
Email: renclub@gmail.com
動画: youtube.com/user/renclub

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る