【サクラホテル】オペアから始める充実のオージー・ライフ

サクラホテル/ホステル、サクラハウス

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラホテル。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラホテルのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラホテルとは?
「世界中の人々が出会い、お互いに理解し合う場を作りたい」をモットーに、創業以来、海外からのゲストに東京での滞在先を提供。姉妹会社のサクラハウスでは、中長期滞在の人向けにドミトリー、シェア・ハウス、アパートなども案内している。

オペアから始める充実のオージー・ライフ

西オーストラリアのマーガレット・リバーに住む家族が最初のオペア先でした。この家族の下で、英語も何も知らない状態から生活を始めることとなりました。出会って4年経った今でも子どもたちの成長を楽しみにスカイプなどで連絡を取っています。現地での生活をより豊かにし、家族と一生の関係を築けるオペアという仕事、次は皆さんもやってみては?

西オーストラリアのマーガレット・リバーに住む家族が最初のオペア先でした。この家族の下で、英語も何も知らない状態から生活を始めることとなりました。出会って4年経った今でも子どもたちの成長を楽しみにスカイプなどで連絡を取っています。現地での生活をより豊かにし、家族と一生の関係を築けるオペアという仕事、次は皆さんもやってみては?
西オーストラリアのマーガレット・リバーに住む家族が最初のオペア先でした。この家族の下で、英語も何も知らない状態から生活を始めることとなりました。出会って4年経った今でも子どもたちの成長を楽しみにスカイプなどで連絡を取っています。現地での生活をより豊かにし、家族と一生の関係を築けるオペアという仕事、次は皆さんもやってみては?

こんにちは、今回はオーストラリアでの生活をより豊かにする最高のお仕事をご紹介したいと思います。

それは、「オペア」です。これは何かというと、「住み込みのベビー・シッター」のことを指します。オペアの仕事内容はそれぞれの家庭により異なりますが、子守り、学校への子どもの送り迎え、買い物、家の掃除、料理などが主なものになります。仕事をする条件として、フリー・アコモデーション、フリー・フード、お給料のほか、エンターテインメントが与えられます。仕事をする以外の時間は、アルバイトをしても、出かけても、もちろん自由です。

私はオーストラリアに入国した時からこのオペア制度を利用し、3つの家庭で1年半を過ごしました。1年半ネイティブと生活すれば語学学校に行く必要はありません。オペアとして一緒に住む人は分け隔てなく、大切な“ファミリー”の一員として受け入れられます。この仕事をすることで得られる大きな財産は、現地にかけがえのない“家族ができる”ということです。

3つの家庭のうちの1つは、学校の教師として働くインドネシア人女性の家庭でした。オーストラリアに住みながら、さらに異国の文化に間近で触れることができ、とても良い経験になったと思います。学校行事にも積極的に参加しました。オペアをしていなければ、このような体験はできなかったことでしょう。
村瀬文香(サクラホテル神保町)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る