サクラホテル/ホステル「ゲストたちのお神輿体験」

サクラホテル/ホステル、サクラハウス

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラホテル。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラホテルのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラホテルとは?
「世界中の人々が出会い、お互いに理解し合う場を作りたい」をモットーに、創業以来、海外からのゲストに東京での滞在先を提供。姉妹会社のサクラハウスでは、中長期滞在の人向けにドミトリー、シェア・ハウス、アパートなども案内している。

お神輿体験

オーストラリアは、私が初めて訪れた外国だったので特別な思い入れがある大好きな国です。英語もままならず海外初心者な私でしたが、現地の人びとの温かさに何度も救われ笑ってばかりの1年を過ごすことができました。

帰国後は、日本を旅行先に選んでくれた人たちが思いっきり楽しめるように今度は私が日本を案内する、という決意の下ご縁があってサクラホテルでの勤務を始めました。

サクラホテルではゲスト向けにイベントが多数開かれます。時にはホーム・パーティーのように一緒にたこ焼きを作ったり、自分の名前に漢字を当てはめて書道を体験したり、皇居が近くにある神保町の店舗では一緒に皇居ランニングを行ったりもします。

私の勤めるサクラホテル幡ヶ谷では先月、年に一度の地域のお祭りが開かれました。地元の人がお神輿を担いで練り歩くという一大イベントです。このような珍しい機会もイベントにしてしまうのがサクラホテルです。

珍しいことを体験するゲストたちは着替えタイムから大盛り上がりです。「法被(はっぴ)ってなに?」「背中に書いてあるこの漢字はどんな意味?」「法被は色んな種類があったりするの?」とゲストからの質問攻めに、答えるのに必死になる程です(笑)。

お祭り当日は開催が危ぶまれるほどの大雨で、キャンセルする方も多かったにも関わらず半分ほどのゲストが集まりました。結果ずぶ濡れになりながらの神輿担ぎだったのですが、嫌がるどころか「絶対に忘れない思い出になったよ!」と笑い飛ばしてくれる彼らのおかげで楽しい1日となりました。

大雨のお祭りもみんなで大盛り上がり
大雨のお祭りもみんなで大盛り上がり

参加したカナダ人ゲストは、「初めての日本だけどグッド・タイミングだ!」と大喜び。「長く日本に滞在したけど来週母国に帰るから最後の思い出作りなの」と、イギリス人ゲストは名残惜しそうに感想を話してくれました。この日参加したゲストたちの国籍も年齢もバラバラでしたが、最後はみんな大の仲良しになりました。こんな変化を見届けられるのも楽しみの1つです。

世界中の国の中から日本を選んでくれて、なおかつ東京を選んでくれて、更にサクラホテルを選んでくれた。そんなミラクルすぎる1つひとつの出会いを大切にしながら、私たちは日々ゲストをお迎えしています。
篠原里咲(サクラホテル幡ヶ谷)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る