サクラハウス「滞在客とスタッフの関係を超えて」

サクラホテル/ホステル、サクラハウス

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラハウス。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラハウスのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラハウスとは?
1992年の創業以来、海外からのゲストに東京でのマンスリー・アパートやシェアハウス、ドミトリー・タイプの住まいを提供。東京23区を中心に便利な駅近物件を130カ所ほど構え、日本文化・国際的なイベント、ワークショップなども随時実施している。

滞在客とスタッフの関係を超えて

こんにちは、サクラハウスのアシュリーです。サクラハウスで働き始めて1年半が経とうとしています。サクラハウスにはたくさんのオーストラリア人のお客様がいらっしゃいますが、特に印象に残っているのは一緒にお部屋の内見に行ったアレックスさんです。

アレックスさんはメルボルン出身で、ワーキング・ホリデーで日本にやって来ました。日本に来るのはこれが初めてだそうですが、東京に来る前にお友達と日本中を旅したとうれしそうに話してくれました。東京で英語講師の仕事をすることが決まり、わくわくしながらの家探しでした。

私が案内したのは西荻窪にあるサクラハウスの1つで、彼にとっては日本での家探しも、日本の不動産会社のスタッフと行く内見も初めての経験で、少し戸惑っているように見えました。物件までの道を歩きながらや部屋を案内しながら日本とオーストラリアの違いや、日本とフランスの違いなどについて話に花が咲きました(私はちなみにフランス、パリの出身です)。当時彼は日本語がまだできなかったため、いろいろとストレスに感じることも多かったそうです。ですが、同時に友達との旅行中、困っている彼らに手を差し伸べてくれる日本人の優しさや親切さに感動したとも話してくれました。

内見の後、うれしいことに彼は私が案内したサクラハウスに入居を決めてくれました。当初はサクラハウスには1カ月のみの滞在予定でしたが、私たちのサービスを大変気に入ってくれ、結局7カ月の日本での滞在中、最後まで利用してくださいました。

アレックスとアシュリー
アレックスとアシュリー

退室届を頂く際にオフィスでお会いしたのですが、彼は最後に、実は彼の家族もオーストラリアで不動産屋を営んでいるのだと教えてくれました。オーストラリアの不動産会社のサービスと比べて、私が当たり前に行った、例えば交通機関のICカードの購入やチャージ方法、携帯電話用のSIMカードの購入をお手伝いしたりといったサービスに大変感動したと言ってくれたのです。こんなにお客様に喜んで頂いたのは初めてだったかもしれません。私たちはFacebookのアカウントを交換し、仕事を超えて友達になりました。オーストラリアに招待してくれているので、訪ねるのを楽しみにしています。ありがとうアレックス!
アシュリー(サクラハウス)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る