サクラホテル/ホステル「日本の中の海外、サクラホテル」

サクラホテル/ホステル、サクラハウス

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラホテル。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラホテルのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラホテルとは?
「世界中の人々が出会い、お互いに理解し合う場を作りたい」をモットーに、創業以来、海外からのゲストに東京での滞在先を提供。姉妹会社のサクラハウスでは、中長期滞在の人向けにドミトリー、シェア・ハウス、アパートなども案内している。

日本の中の海外、サクラホテル

サクラホテルにはさまざまな国からお客様が来られますが、オーストラリアからのお客様も多くいらっしゃいます。私もオーストラリアにワーキング・ホリデーで2年間滞在していたことがあり、ホテルにオーストラリアからお客様が来るとついうれしくなり現地の方言などを使い会話をします。そして、それを聞いたお客様も喜び笑顔になって頂けます。

そのオーストラリアの魅力として挙げられるのが壮大な大自然です。初めてグレート・バリア・リーフで泳いだ時は、あまりの美しさに一瞬だけ自分が人間であることを忘れ、地球と1つになった気分になりました。また、文化や建築物も実に魅力的です。ケアンズを始めオーストラリアの各地ではアボリジニーの文化を体験できます。アボリジナル・アートは大自然の中で狩猟・採集生活をしていた彼らの生活そのものを表現しています。また、オーストラリアの大都市の1つであるメルボルンはヨーロッパ調の建築物が立ち並び、他都市とはひと味違った街並みを楽しむことができます。

来日したオーストラリア人の友人との食事風景
来日したオーストラリア人の友人との食事風景

そんな魅力溢れる国オーストラリアには世界中から人が集まります。実は、オーストラリアは国民の2割ほどが外国人という移民大国なんです。観光客だけでなく、私のようにワーキング・ホリデーや学生ビザで長期滞在している人や永住している人もいます。つまりオーストラリアに行くと、世界中の国の人びとと友達になれるんです。特にバックパッカーズでドミトリーの部屋に泊まった時は、いろいろな出会いがあり面白く、文化や宗教、言葉などが違う国の人びととの全ての出会いは新鮮で、とても刺激的でした。

私が働くサクラホテルもお客様の約8割が外国人であるため、ホテルに一歩足を踏み入れるとそこはまるで異空間。入社当初は外国にテレポーテーションしてしまったような感覚を覚えました。

オーストラリアも魅力的ですが、日本も非常に魅力的な国です。日本は世界地図上で見ると小さな国ですが、それぞれの地域によって街並みや文化が異なり、魅力がぎっしりと詰まった国でもあります。訪日外国人観光客が増え続ける昨今、私たちサクラホテルのスタッフは日本を訪れる外国人のお客様に日本をもっと楽しんでもらえるよう、毎日楽しくお仕事をさせて頂いております。
黒田康之(サクラホテル幡ヶ谷)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る