【新連載】サクラホテル/ホステル

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラホテル。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラホテルのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラホテルとは?
「世界中の人々が出会い、お互いに理解し合う場を作りたい」をモットーに、創業以来、海外からのゲストに東京での滞在先を提供しているホテル。世界各地から集まってきたゲストたちが、日本という異国の地で1つ屋根の下で生活をすることによって交流を深め、多様な価値観を共有することを目指す。

はじめまして、こんにちは。日本はもう真冬に突入いたしましたがオーストラリアは真夏で毎日暑いことでしょう。

今、東京にはスクール・ホリデーを利用して日本観光をしている学生の方がたくさんいます。そこでこのコラム初回となる今回は、サクラホテル神保町にご滞在いただいたオーストラリア人ゲストのお2人をご紹介したいと思います。


ジャックさん(写真中央)


ベサニーさんとサクラホテル・スタッフのあやかさん

まずはメルボルンのタラマリンに在住の21歳のこちらの大学生ジャックさん。大学では現在ゲームや映像の勉強をしているそうで、この滞在中は秋葉原に行ってたくさんお買い物をされたそうです。西日本から東京へ来られたそうですが、道中は、神戸や京都、名古屋、関東を回って来られたそうです。

続いてこちらの女性は、メルボルン南部から東京へ遊びにいらっしゃったベサニーさん。お話をするうちに、なんと私自身がオーストラリアを訪れた際に滞在していたフランクストンというところのご出身だということが判明!大変お話が盛り上がりました。

現在18歳で高校を卒業したばかり、来年からメルボルンのアート関連の大学に進学するそうです。今回は5度目の日本旅行で、25日間のロング・ステイでした。オーストラリアにまだオープンしていないファスト・ファッション・ストアでお洋服をたくさん購入していました。

サクラホテルで働いていると、日々たくさんの外国人ゲストにお会いする機会がありますが、いずれの方も、必ずまた日本に帰って来たいとおっしゃってくれます。日本に生まれ育った者としては、大変うれしいですね!次はどのようなゲストに会えるのか、楽しみです。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る