メルボルン流オクトーバーフェストの楽しみ方

それでも するメルボルン

メルボルン流オクトーバーフェストの楽しみ方

今年のメルボルンの冬は例年より寒かっただけに、光と緑あふれる春が来て街も人も一層生き生きとしている。そしていよいよビールが美味しい季節。1810年にドイツのミュンヘンで始まったビールの祭典「オクトーバーフェスト」は、今では世界各地で開催されており、メルボルンでもこのイベントの雰囲気を本場のドイツ・ビールと一緒に体験できるビア・ホールがいくつかある。

本場ドイツ・ビールはタップの味わいが一番。好みに合ったお薦めを教えてもらおう
本場ドイツ・ビールはタップの味わいが一番。好みに合ったお薦めを教えてもらおう

シティ東側の小道にある「Hofbrauhaus」はミュンヘンの有名ビア・ホールの支店で、本場のドイツ・ビールを提供している。1589年に「バイエルン国王のためのビール醸造所」として始まったこのお店の由緒あるタップ・ビール「Hofbrau Original」を、まずは300ml($8)から試したい。タップ・ビールのタップ(Tap)はビール・サーバーの注ぎ口を意味し、タップ・ビールとはつまり樽生ビールのこと。ジョッキのサイズは3種類あるが、特に1リットル・ジョッキになみなみと注がれたビールは思わず記念写真を撮りたくなるほど圧巻。ほかにも、ドゥンケルと呼ばれるモルトの風味豊かなダーク・ビールや、小麦の香りが爽やかなヴァイス・ビール(白ビール)など、味わい深いドイツ・ビールが楽しめる。

天気が良ければここから散歩ついでにサウスゲートの「HOPHAUS Beer Bar & Grill」へ。こちらは昨年オープンしたスタイリッシュなビア・ホールで、ドイツのほか、チェコ、ベルギーのタップ・ビールで渇いた喉を気軽に潤せる。モダンなアレンジを加えたドイツ料理から軽いスナックまで幅広いメニューも魅力だ。

さらにヤラ川沿いをサウス・ワーフまで行けば、900人以上を収容できる大型ビア・ホール「Munich Brauhaus」が現れる。ペール・ビールを中心に軽めのビールがそろい、10月の毎週日曜には家族連れで楽しめる「キッズ・オクトーバーフェスト」が開催される。「美味しいビールが飲みたい」という人々の純粋な気持ちがビア・ホールのような大空間に集まると、心が躍り、ビールがさらに美味しくなるから不思議だ。隣の席のお兄さんも、その向こうの老夫婦も巻き込んで、今年も大勢の人と一緒に「黄金色の幸せ」を味わいたい。

■Hofbrauhaus
18-20 Market Lane, Melbourne
www.hofbrauhaus.com.au

■Hophaus
Mid level, Southgate Melbourne, 3 Southgate Ave., Southbank
www.hophaus.com.au

■Munich Brauhaus
45 South Wharf Promenade, South Wharf
www.munichbrauhaus.com

泣いたり、笑ったり、怒ったり、異国で暮らす毎日はいろんなことがあるけれど、日々発見することがたくさん。「この街に恋するように暮らしたい」がモットーの2児のママ・エディターが綴る、メルボルンのライフスタイル、美味しいもの情報。(文=大木和香)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る