メルボルン最高峰の、大人味の涼スイーツはいかが?

それでも するメルボルン

メルボルン最高峰の、大人味の涼スイーツはいかが?

アイスクリームは子どものおやつだと思っていたが、オーストラリアではそうではないらしい。この国の1人当たりの年間アイスクリーム消費量は15.4リットルと、お隣のニュージーランドに次ぐ世界第2位の消費量を誇る。日本人(17位)の消費量は7.3リットルなので、オージーはその約2倍を食べていることに。確かに人口の割にはアイスクリーム屋が多く、スーパーマーケットのアイス売り場の量と種類を見ても納得がいく。

メルボルンの北側、フィッツロイにある「Messina」は舌の肥えたオージーがメルボルンで一番美味しいと評するジェラート店で、平日週末を問わず人が途切れない。シドニーから始まったお店で、今ではシドニーに7店舗、メルボルンに2店舗を構える人気店。店内はケースの中にこんもりと盛られた色鮮やかなアイスクリームに目を奪われる人々でごった返している。

近々Windsorにも新店舗ができるので、ヤラ川の南側の住人はアクセスが簡単になる
近々Windsorにも新店舗ができるので、ヤラ川の南側の住人はアクセスが簡単になる

フレーバーは定番のものから斬新なアイデアがたっぷりと詰まった味までバラエティーに富み、その絶妙な組み合わせも芸術的だ。「Coconut & Lychee」のオリエンタルな味や「Salted Caramel with White Chocolate」など、「こういうのを食べたかった!」と大人を唸らせる味が常時35種類、加えて週替わりで5種類の限定フレーバーがあり、何度行っても選ぶ楽しみがある。

チョコ好きにはたまらないダーク・チョコレートを使った「Chocolate Fondan」は、まるで箱入りの高級チョコレートを味わっているかのような豊かな風味と、濃厚ながらも舌の上でふわりと溶けていく食感がたまらない。また、フルーツ系は果物そのものを頬ばったようなフレッシュな味が印象的で、ひと口で素材の良さが分かる。どれも美味しそうでフレーバーが決まらない人には味見というありがたい救いの手があるので、遠慮なく尋ねてみよう。サイズは1~3スクープ($4.8~8.8)があり、量は1スクープでもたっぷり。甘い物は別腹と言えど、少量で良い人やキッズは「Tiny」サイズ($4)をどうぞ。

私が子どものころ、アイスと言えば「パピコ」や「オバQアイス」が相場だったが、それでも暑い夏の日に友達と食べたあの味は格別だった。そう、アイスクリームは子ども時代を思い出させてくれる立派な「大人の癒しスイーツ」で、Messinaはまだまだ知らないその魅力を教えてくれる。

■Gelato Messina Fitzroy
237 Smith St., Fitzroy VIC
営業時間:12PM~11PM(日~木)、12PM~11:30PM(金、土)
Web: www.gelatomessina.com

泣いたり、笑ったり、怒ったり、異国で暮らす毎日はいろんなことがあるけれど、日々発見することがたくさん。「この街に恋するように暮らしたい」がモットーの2児のママ・エディターが綴る、メルボルンのライフスタイル、美味しいもの情報。(文=大木和香)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る