1日1000枚売る、行列必至のピッツェリア

それでも するメルボルン

1日1000枚売る、行列必至のピッツェリア

日曜日の朝、夫の第一声は「メルボルンからフィレンツェに直行便が飛ぶ夢を見た」だった。なぜいきなりフィレンツェなのか全く謎だが、朝食を食べながら、ランチの行き先はあっさり決まってしまった。メルボルンのイタリア人街と言えばカールトン。ほかのレストランを目指して来たが、裏道に入ると「DOC Pizza」が目に入った。超人気店でいつもは行列ができているが、この日は並んでいる人がいなかった。これは、「食べて行け」と言われているようなものだ。

2007年にオープンしたこのピッツェリアは、イタリア各地の良質な食材を使い、スタッフもほとんどがイタリア人、とことんMADE IN ITALYにこだわるお店だ。活気のある店内で彼らのイタリア語を聞いていると、メルボルンにいることを忘れそうになる。

数種類のアンティパストの盛り合わせ、Antipasto DOC($24.9)は何人かでシェアするのにちょうど良い。モッツァレラを味わいたい人にはDegustation of 3 Mozzarelle($29.9)を。軽くスモークされたモッツァレラ(Scamorza)など、3種類をテイスティングできる1皿。ワインは口当たりの良いプロセッコ(ヴェネト州産の白発泡ワイン)を合わせたい。


味もサイズもパーフェクトなピザ。アルバート・パークとモーニントン半島にも支店がある

大本命のピザはもちろんPizza Margherita($16.9)をチョイス。バジル、トマト・ソース、モッツァレラ・チーズだけのシンプルな素材だからこそ、ひと口でその実力が分かる、ごまかしの効かないメニューなのだ。とにかく、ピザ生地が素晴らしい。中心から、端の端まで、小麦のうまさが味わえる。パリッと感と、トマト・ソースが滴るジューシーな中心部分のもっちりとした食感のコントラストが見事だ。一体、どうやったらこんなに美味しいピザになるのかとマネジャーのファビオさんに聞くと、「ピザは生地が命。高品質のイタリア産小麦とモーニントン半島から直送された新鮮な野菜を使い、ピザ職人はイタリアから呼んでいる」と答えてくれた。強いてピザを和食に置き換えるなら、ピザ生地は「炊き立てご飯」、トマト・ソースは「だし」と言ったところか。この2つが完璧であれば、ほかに何を付け合せても美味しいに決まっている。

週末は家族連れも多く、こぢんまりとした店だがベビー・チェアもあり、席に余裕があればベビー・カーも入れさせてくれる。子どもの時からこんなピザを食べて育つメルボニアンはなんて幸せなのだろう!「並んでも食べたいメルボルンの名店」の1つ、ぜひお試しあれ。

■DOC Pizza, 295 Drummond St., Carlton VIC
営業時間:5PM〜深夜(月〜水)、12AM〜深夜(木〜日)
Tel: (03)9437-2998(予約は8人から)
Web: www.docgroup.net

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る