子どもと行ける最新トレンドのお洒落カフェ

それでも するメルボルン

子どもと行ける最新トレンドのお洒落カフェ

毎回日本からゲストが来るたび、どのカフェに連れて行こうかと散々悩む。メルボルンでは自分のテイストにぴったりなカフェを選べる贅沢な選択肢がある。コーヒーだったらここ、食事だったらここと言ったように日替わりでカフェ楽しめるが、個性豊かなカフェの中から「この一店」と選ぶのはなかなか難しい。

リッチモンドにある「Top Paddock」は味も雰囲気もメルボルンの最新カフェが体感できる。リッチモンドはさまざまな顔を持つエリアで、MCG(メルボルン・クリケット・グラウンド)のあるスポーツエリア、ヴィクトリア・ストリート周辺はアジアン・エリア、有名家具店が軒を連ねるチャーチ・ストリートなど。この通りをヤラ川に向かって南下した一角にこのカフェがある。

2年前にオープンし瞬く間に人気カフェの仲間入りをしたこの店は、テラス席を含めとにかく居心地が良い。店内は黒い鉄製フレームに縁取られた天井まである窓からたっぷりと光が差し込む。白と黒が基調のインテリアはモダンだが、ところどころ木を使っているので雰囲気が温かく、「こんな家に住みたい」と思わせてくれる。


天気の良い日はテラス席でカラフルなひと皿を楽しみたい

定番カフェ・メニューをひとひねりした、プレゼンテーションが美しい食事が味わえる同店。お店のシグニチャー・メニューTop Paddock($22)は、半熟加減が完璧なポーチド・エッグが乗っていて、フォークを少し刺すと程良く火が通った黄身がゆっくりとあふれ出す。グリルしたチョリソー、ベーコン、グリーン・トマトがまわりを囲みボリュームも満点、付け合せのトマト・レリッシュが味にアクセントを加えてくれる。人気メニューのひとつBlueberry & ricotta hotcake ($18)はたっぷりのベリーとダブル・クリームがトッピングされていて、子どもとシェアするのにもぴったり。使われているお皿はすべてメルボルンの陶器ブランド、ロバート・ゴードンで、素朴な形と美しい色合いが料理をさらに引き立ててくれる。

平日は予約可、週末は予約ができないため並ぶのは必至。いつも賑わうカフェながら、ゆっくりとした雰囲気を味わえるのがこのカフェの魅力だ。食後は周辺のインテリア・ショップでウィンドー・ショッピングをすれば、メルボルンの心地良いライフスタイルをたっぷり楽しめる。

■Top Paddock
658 Church St., Richmond
営業時間: 7AM〜4PM(月〜金)、8AM〜4PM(土日祝)
Tel: (03)9429-4332
Web:www.toppaddockcafe.com

泣いたり、笑ったり、怒ったり、異国で暮らす毎日はいろんなことがあるけれど、日々発見することがたくさん。「この街に恋するように暮らしたい」がモットーの2児のママ・エディターが綴る、メルボルンのライフスタイル、美味しいもの情報。(文=大木和香)

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る