その2 でっかい顔

タコ社長の英語習得悪戦身に付かず

タコ社長の英語習得悪戦身に付かず


その2
でっかい顔


タコ社長プロフィル
1952年 世田谷の貧しい警察官住宅で出生
1964年 練馬区健康優良児予選落ち。体力より知力で及ばず
1985年6月 移住目指してオーストラリア入り。ダーウィンでトップレスの女性と浜で立ち話をして感激
1987年 日本語教師としてオーストラリアで初めての仕事に就く
1990年 オランダ系の連れ合いと入魂になり、すったもんだの日々が始まる
1996年 メルボルンの258 Little Bourke St.,に、某MTSC留学センターを立ち上げる
タコ社長ブログ:plaza.rakuten.co.jp/takoshacho


 身体的特徴や個人情報をあげつらうことは日本人をはじめアジア人の得意技のように感じる。「太ったな。痩せてるね。足が短いね」とか、「結婚してるの ? 子どもは ? 年はいくつ ? 住んでいる家はいくらで買ったの ? 」などと聞かずにはいられない人が多い。日本人は奥ゆかしく、相手の気持ちを察して直接表現を避けるなんていわれているが、こと身体的特徴や個人情報などに関しては垣根がないのだろうか。もっとも最近は、まったく他人に興味を示さない若者もいるらしいが。
 タコ社長、自慢じゃないが見せたいくらい顔がでかい。以前お付き合いさせていただいていたオーストラリア人の女性が言った。「You have a strong face」。ものは言いようだな、と痛く感動してお付き合いを継続させていただいたのを覚えている。日本語でも「腹が出ていますね」より「恰幅がよろしいようで」なんて言われれば、思わずご飯ももう一杯、とおかわりにもはずみが付く。
 オランダ系の連れ合いは日本に2年間滞在したことがあるので、日本語がある程度分かる。「でっかい顔 ! 」。私に対する物言いは実にストレートで、しかも最初の「で」が遠慮なく強調された日本語表現となっていて、その語感が誠にいい。まったく裏表のない性格は、尊敬したくなるほど筋が通っていて潔い。クレームでもつけた日にゃ「でっかいものをでっかいと言ってどこが悪い」と、かさにかかってこられそうなので、黙ってしまうのが常。
 西洋人といっても幅は広いだろうが、私の場合、相手は直球が飛び交うオランダ系。たまには変化球なんて望む術もない。しかし17年も一緒にいると、かえってこれが連れ合い流の思いやりなんだ、なんて思えてくるから不思議なものだ。
 Keep smiling !

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る