その5 タダより安いものはない

タコ社長の英語習得悪戦身に付かず

タコ社長の英語習得悪戦身に付かず
その5
タダより安いものはない


「この券、使わないと今月で切れちゃうの」。Best Westernという世界的なモーテル・チェーンのタダ券を、オランダ系の連れ合いが見せてくれた。連れ合いのバッグの中には、探すといろいろなタダ券が入っているようだ。モーテルのタダ券は結構いい部類に属してはいる。しかしどうやってこういう券を手に入れているのか不思議に思うことがある。
 Fly Buysカードと言うのがあって、店で買い物をすると、ポイントが加算されるようになっている。このポイントをためて、何かに換算する。タコ社長は、ためるものはただためているだけで使わない、アホの見本のような人生。連れ合いはしっかりと使っている。ちなみに「Entertainment Book」というクーポンのぎっしりと詰まった辞書並みに厚い本は、連れ合いの愛読書だ。レストランでメイン・コースが1つタダになるとか、コーヒー1杯飲むともう1杯タダとかのクーポンで、我が家では頻繁に使用している。
 Best Westernのタダ券は、1泊200ドル前後のいい部屋が無料になるもので、最近タダということに親近感を覚えるようになった私も勇んで出かけた。行ったのは、家から車で40分程度のモーニントン。海岸沿いの小さな田舎町だ。昼はなじみのフィッシュ・アンド・チップス。もちろん1人前頼むともう1人前がタダになる券を使う。あんなにチップスを食べたのは久しぶりだった。夜は有名なシーフード・レストラン。メイン・コース1つ頼むともう1つはタダ。これは結構なお得感があった。こうしてみると、いつも何にでも満額払う人生がバカらしくなってくる。
 しかし、これも2人だからできること。タコ社長の幸せは連れ合いといつまでも元気にいることにそのカギがあるようだ。週末は久しぶりにジムにでも行ってみようか。割引キャンペーンをしていることだし。ということで今年もKeep Smiling !


タコ社長プロフィル
1952年 世田谷の貧しい警察官住宅で出生
1964年 練馬区健康優良児予選落ち。体力より知力で及ばず
1985年6月 移住目指してオーストラリア入り。ダーウィンでトップレスの女性と浜で立ち話をして感激
1987年 日本語教師としてオーストラリアで初めての仕事に就く
1990年 オランダ系の連れ合いと入魂になり、すったもんだの日々が始まる
1996年 メルボルンの258 Little Bourke St.,に、某MTSC留学センターを立ち上げる
タコ社長ブログ:plaza.rakuten.co.jp/takoshacho

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る