【特集】第20回日本映画祭「お薦め作品ガイド」(1/2)


話題の日本映画をオーストラリア各地で一挙上映!

第20回 日本映画祭

Information(シドニー)
■会場:Event Cinemas George Street(505-525 George St., Sydney)、古典名作上映:Domain Theatre, Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney)
■日程:11月17日(木)~27日(日)
■料金:【通常作品】大人$18.50、コンセッション$15.50、5フィルム・パス$75(オンライン予約は手数料別途)※グループ割引き、JPFメンバー割引きチケットはボックス・オフィスでのみ購入可 【古典名作】無料(当日上映1時間前に会場でチケットをもらう必要あり)
■Tel: (02)8239-0055(日本語可)
■Web: japanesefilmfestival.net
■Email: japanesefilmfestival@jpf.org.au
■日本映画祭パース開催は11月2日~6日、メルボルン開催は11月24日~12月4日。上映時間、作品レーティングなど詳細は上記ウェブサイトを参照

お薦めの22作品 シドニーでは48タイトルを上映。その中から注目の22作品をピックアップしてご紹介。

お薦め作品ガイド(1/2)『永い言い訳』他 ▶

お薦め作品ガイド(2/2)『家族はつらいよ』他

海よりもまだ深く After the Storm(2016年公開)

©2016 FUJI TELEVISION NETWORK BANDAI VISUAL AOI Pro. Inc. GAGA CORPORATION
©2016 FUJI TELEVISION NETWORK BANDAI VISUAL AOI Pro. Inc. GAGA CORPORATION

オープニング叶わぬ夢ばかり追い続け、妻子に愛想をつかされ逃げられた良多。彼の人生の楽しみは、息子と過ごす月にたった一度の時間。夢見た未来と少し違う今を生きる“元家族”が、台風で足止めを食い良多の母の家で一夜を過ごすことに。偶然取り戻した家族の時間に、それぞれの思いが交錯する。「なりたい大人」になれなかった人に贈る、人生の愛し方の物語。

◎監督:是枝裕和
◎キャスト:阿部寛、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、吉澤太陽、樹木希林、橋爪功ほか ◎上映:11月17日(木)7PM 

永い言い訳 The Long Excuse(2016年公開)

©2016
©2016 “The Long Excuse” Film’s Partners

クロージング『ディア・ドクター』『ゆれる』の西川美和監督が、直木賞候補作にもなった自著を映画化。長年の伴侶をバス事故で失った人気作家の衣笠幸夫だが、妻との間に既に愛情のなかった彼は涙することもできずにいた。しかし同じ事故で幸夫同様に妻を亡くした男が幼子2人を抱え憔悴していることを知り、幸夫は自分でも理由が分からぬまま兄妹の世話を買って出る。

◎監督:西川美和
◎キャスト:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子、黒木華、深津絵里、山田真歩ほか ◎上映:11月27日(日)6PM 

嫌な女 Desperate Sunflowers(2016年公開)

©2016
©2016 “Desperate Sunflowers” Film Partners

ロマンス&ドラマ女優・黒木瞳の映画監督デビュー作。真面目一徹で友達のいない弁護士・徹子と、派手好きで自由奔放な天才詐欺師・夏子という、従姉妹にして対照的な2人の一生を20~70代にわたって吉田羊と木村佳乃のW主演で描く。異性がらみの法的トラブルで徹子を頼ってきた夏子により、徹子の弁護士人生は波乱の幕開けとなる。2人の女性の不思議な友情の物語。

◎監督:黒木瞳
◎キャスト:吉田羊、木村佳乃、テット・ワダ、ラサール石井、中村蒼、袴田吉彦ほか ◎上映:11月18日(金)4PM、23日(水)3PM 

残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋- The Inerasable(2016年公開)

©2016
©2016 “The Inerasable” Film Partners

ホラー小野不由美の小説『残穢』が原作の和製ホラー。奇妙な「音」のする部屋とそのマンションの謎を追う小説家と女子大生は、過去の住人たちが自殺や殺人などにさいなまれた事実を知るうちに、物件の建つ土地そのものに問題があると気付く。土地の歴史調査は戦慄の真相にたどり着き、それは新たな事件の始まりでもあった。全ての出来事をつなぐ「穢れ」の正体とは?

◎監督:中村義洋
◎キャスト:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか ◎上映:11月18日(金)6:15PM、22日(火)8:45PM

ちはやふる 上の句 Chihayafuru Part 1(2016年公開)

©2016 “Chihayafuru” Film Partners © Yuki Suetsugu / KODANSHA LTD.
©2016 “Chihayafuru” Film Partners © Yuki Suetsugu / KODANSHA LTD.

青春百人一首を使った「競技かるた」にかける青春を描き、累計1,400万部を突破したコミックの実写映画化。かるたで遊んでいた小学生の千早、太一、新の3人は、新の転校により離ればなれに。競技者として頭角を現し始めた千早は高校生になり、新との再会や対戦を目標に、太一も巻き込んでかるた部を創設。全国大会を目指す戦いが始まる。続編「下の句」も公開。

◎監督:小泉徳宏
◎キャスト:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、松岡茉優、松田美由紀、國村隼ほか ◎上映:11月19日(土)4PM、25日(金)4PM 

原爆の子 Children of Hiroshima(1952年公開)

©1952 Kindai Eiga Kyokai Co., Ltd.
©1952 Kindai Eiga Kyokai Co., Ltd.

古典作文集『原爆の子~広島の少年少女のうったえ』(岩波書店刊)を基に、原爆を直接のテーマにした初めての映画といわれる。原爆投下当時、広島に住んでいた石川孝子は家族全員を失い、故郷を離れて小学校を教師をしていた。しかしかつての幼稚園での教え子の消息を確認すべく、久々に広島を訪ね歩くが……。英国アカデミー賞国連平和賞などを受賞した歴史的名作。

◎監督:新藤兼人
◎キャスト:乙羽信子、滝沢修、清水将夫、宇野重吉、山内明、大滝秀治ほか ◎上映:11月5日(土)2PM(会場:NSW州立美術館)

母と暮せば Nagasaki: Memories of My Son(2015年公開)

©2015
©2015 “Nagasaki: Memories of My Son” Film Partners

ドラマ1948年8月9日。長崎で助産師をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くなったはずの息子・浩二がひょっこり現れる。その日から、浩二は伸子の前に時々現れるように。親子2人の奇妙ながらも幸福な時間は、永遠に続くように思われたが……。小説家・劇作家の井上ひさしが晩年に構想した作品を、山田洋次監督が優しくて悲しい初のファンタジー作品として映画化。

◎監督:山田洋次
◎キャスト:吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、小林稔侍ほか ◎上映:11月18日(金)8:15PM、22日(火)6:15PM

カンパイ! 世界が恋する日本酒 Kampai! For the Love of Sake(2015年公開)

©2015 WAGAMAMA MEDIA LLC
©2015 WAGAMAMA MEDIA LLC

ドキュメンタリー史上初の外国人杜氏であるイギリス人のフィリップ・ハーパー、書籍やワークショップを通じて日本酒の魅力を世界へ発信するアメリカ人ジャーナリストのジョン・ゴントナー、そして震災被害を受けた岩手の老舗酒蔵を継ぐ南部美人5代目蔵元の久慈浩介。全く異なる背景を持つ3人のアウトサイダーの挑戦と葛藤に迫り、日本酒の魅力をひも解く感動のドキュメンタリー。

◎監督:小西未来
◎キャスト:フィリップ・ハーパー、ジョン・ゴントナー、久慈浩介ほか ◎上映:11月20日(日)6:45PM、26日(土)1PM

俳優 亀岡拓次 The Actor(2016年公開)

©2016
©2016″The Actor” Film Partners

ドラマ亀岡拓次、俳優、37歳独身。呼ばれればどこへでも行く亀岡は、行く先々の現場で奇跡を起こす最強の「脇役俳優」だが、プライベートでは1人お酒を楽しむ地味な生活を送っていた。そんな彼が、ある日ロケ先で初めて入った居酒屋の若女将に恋をしてしまう。愛すべき「カメタク」によるハートフルな人生賛歌。監督は『ウルトラミラクルラブストーリー』の横浜聡子。

◎監督:横浜聡子
◎キャスト:安田顕、麻生久美子、新井浩文、宇野祥平、杉田かおる、染谷将太、山崎努ほか ◎上映:11月19日(土)4:15PM

リップヴァンウィンクルの花嫁 A Bride for Rip Van Winkle(2016年公開)

©RVW Film Partners
©RVW Film Partners

ドラマふとしたことから「普通の人生」を踏み外してしまった世間知らずのヒロインが、周囲に流されるままさまざまな出会いと経験を重ねながら、過酷な現実社会を生き抜き成長していく人間ドラマ。黒木華を主演に迎え、1人の女性の心のさまよいが透明感あふれるみずみずしい映像で綴られる。監督は『花とアリス殺人事件』で国内外から高い評価を受ける岩井俊二。

◎監督:岩井俊二
◎キャスト:黒木華、綾野剛、Cocco、原日出子、地曵豪、和田聰宏、毬谷友子、夏目ナナほか ◎上映:11月27日(日)2:30PM


お薦め作品ガイド(1/2)『永い言い訳』他 ▶

お薦め作品ガイド(2/2)『家族はつらいよ』他

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る